Recent changes RSS feed

軍記

ぐんき

定義

国文学のジャンルの一つで、合戦をテーマにしたもの。

軍記の始まりは平安時代将門記であるが、戦乱の時代である中世にさかんに作られた。

中世の軍記は、琵琶法師太平記読みなどの口承の文芸として流布したため、異本の多いものが多い。また、謡曲歌舞伎などの芸能とも深いかかわりを持つ。

中古の軍記

中世の軍記

rhizome/軍記.txt · 最終更新: 2014/04/09 02:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa