Recent changes RSS feed

角筆

かくひつ

定義

東洋における硬筆の筆記具。毛筆に対し、補助的な筆記具として用いられ、へらのようなもので、 紙に凹みをつけることによって書く。

主に漢字の読みや訓読の際の送り仮名(わが国ではヲコト点)などを記すのに用いられ、国語学上の重要な 資料となっている。

また、朝鮮半島ではハングルの原形ではないかという説もある。

参考

参考サイト

参考文献

  • 角筆文献研究導論(小林芳規・汲古書院)
rhizome/角筆.txt · 最終更新: 2014/04/07 14:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa