Recent changes RSS feed

蘇軾

そしょく(1036〜1101)

北宋文人。蜀(四川省)眉山の人。は子瞻。東坡居士、鉄冠道人などとす。

唐宋八大家の一人。同じく唐宋八大家の蘇洵の子で蘇轍の兄。蘇洵を老蘇といい、 蘇轍を小蘇というのに大して、大蘇といわれる。

22歳のとき、蘇轍とともに科挙の進士科に及第し、27歳で制科に合格、鳳翔府(陝西省)の書紀官として最初の任につく。

その後、中央の官に就くが、王安石の政策に反対したため排斥され、地方官となる。杭州(浙江省)の副知事、密州(山東省)、徐州(江蘇省)の知事を経て、湖州の知事に在任中、その詩文(烏台詩案)が政治批判にあたるとして、御史台に逮捕され獄に投ぜられる。100日間禁獄された後、特赦によって死刑を免れ、黄州(湖北省)に流罪となる。

50歳のとき、皇帝神宗が崩御し、蘇軾も復権、登州(山東省)の知事を経て、中央へ召され、杭州、潁州(安徽省)の知事に転出したこともあるが、おおむね中央で要職を歴任する。なお、西湖に蘇提を作ったのはこのときである。

1093年、哲宗皇帝の親政が始まり、中央から追放され、定州(河北省)の知事に出されるが、再び政治批判の罪により恵州(広東省)に流され、さらに海南島の儋州まで追いやられる。

さらに哲宗が崩御して、名誉を回復され大陸へ帰ることとなるが、常州(江蘇省)にて66歳で客死した。

その散文唐宋八大家に数えられ、書は黄庭堅米元章蔡襄とともに宋四大家に数えられる。

【参考サイト】

rhizome/蘇軾.txt · 最終更新: 2014/03/18 23:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa