Recent changes RSS feed

日本の年中行事

  • 日本の年中行事を一覧にしています。必要に応じて増やしてください。
  • すべて陰暦です。
  • 読み仮名は現代仮名遣い。

一月(睦月・むつき)

一日

四方拝(しほうはい)
天皇が清涼殿東庭で四方を拝し、国家の繁栄を祈る。
元日節会(がんじつのせちえ)
天皇が紫宸殿に出御し、宴を挙行する。
恵方詣(えほうまいり)
その年の恵方(縁起の良い方角)にあたる社寺に参詣する。古くは「吉方」と書いた。

七日

白馬節会(あおうまのせちえ)
宮中にひかせてきた青馬を天皇がご覧になり、宴を挙行する。後に白馬になった。
人日(じんじつ)(七種)
五節句の一つ。春の七種を入れた粥を食べ、無病息災を祈る。

このころ

県召除目(あがためしのじもく)
春の除目。地方官の任命。

十七日

射礼(じゃらい)
建礼門の前で、親王以下五位以上、六衛府の者が弓を射る。
賭弓(のりゆみ)
宮中で弓場殿で左右近衛府・兵衛府の舎人が弓の技を競う
子の日の遊び(ねのひのあそび)
正月最初の子の日に野に出て小松を引き、若菜を摘んで千代を祝う。陰陽思想の行事が、若菜摘みの風習と習合したもの。

立春の前日

節分(せつぶん)
豆を撒いて鬼を追い払う。

二月(如月・きさらぎ)

四日

祈年祭(としのごいまつり)
五穀豊穣を祈る。

十五日

涅槃会(ねはんえ)
釈迦が入滅した日とされ、法会を行なう。

春分の日

彼岸会(ひがんえ)
春分の日を中日として、前後七日間の法要。

三月(弥生・やよい)

三日

上巳(じょうし)
五節句の一つ。宮中では曲水の行事。民間では流し雛がこなわれ、後に雛祭りに。

四月(卯月・うづき)

一日

二孟旬(にもうじゅん)
夏(四月)と冬(十月)の一日に、天皇が群臣を集めて宴を行なう。
衣更(ころもがえ)
装束、調度を夏物に変える。

八日

灌仏会(かんぶつえ)
釈迦生誕の日の法会。花祭り。

中の酉の日

賀茂の祭(かものまつり)
賀茂神社の例祭。葵祭のこと。

五月(皐月・さつき)

五日

端午(たんご)
五節句の一つ。邪気払いの菖蒲を軒に飾る。
賀茂競馬(かものくらべうま)
上賀茂神社の境内で行なわれる競馬。

 六月(水無月・みなづき)

晦日

大祓(おおはらえ)
水無月祓・夏越祓ともいう。上半期のみそぎ。

七月(文月・ふみづき)

七日

七夕(たなばた)
乞巧奠(きこうでん)とも。五節句の一つ。牽牛・織女を祭る。

十五日ごろ

盂蘭盆会(うらぼんえ)
先祖の霊を祭る。

二十八日

相撲節会(すまいのせちえ)
全国から力士が召され、宮中で相撲をとる。

八月(葉月・はづき)

一日

八朔(はっさく)
豊作を祈願する。朔は一日の意。

十五日

中秋(ちゅうしゅう)
月見をし、すすきや団子を供える。
石清水放生会(いわしみずほうじょうえ)
石清水八幡宮の例祭。鳥や魚を放つ法会。

秋分の日

彼岸会(ひがんえ)
秋分の日を中日として、前後七日間の法要。

九月(長月・ながつき)

九日

重陽(ちょうよう)
五節句の一つ。重九・菊の節句とも。菊酒で長寿を祈る。

このころ

司召除目(つかさめしのじもく)
秋の除目。中央官の任命。

十月(神無月・かんなづき)

一日

衣更(ころもがえ)
装束、調度を冬物に変える。

上の亥の日

亥の子の祝い(いのこのいわい)
「亥の子餅」を食べる。室町以降は中の亥の日。

十一月(霜月・しもつき)

十五日

七五三(しちごさん)
男子は三歳・五歳、女子は三歳・七歳のとき氏神に詣でる。

中の卯の日

新嘗祭(にいなめまつり)
新米を天皇が神に供える。

中の辰の日

豊明節会(とよあかりのせちえ)
新嘗祭の翌日、天皇が豊楽殿で新米を食べ、宴を挙行する。

十二月(師走・しわす)

十三日

事始(ことはじめ)
新年の準備を始める。

十九日

御仏名(おぶつみょう)
十九日から三日間、宮中で読経。

晦日

大祓(おおはらえ)
親王以下すべての官人が朱雀門で一年の穢や罪を祓う。
追儺(ついな)
舎人が鬼に扮して、桃の弓・葦の矢で追い払う。「鬼やらい」とも。近世以降節分の行事に。

参考

rhizome/日本の年中行事.txt · 最終更新: 2014/03/18 13:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa