Recent changes RSS feed

干支

かんし

定義

十干十二支ともいう。古代中国で生まれた序数で、下記の十干と十二支の60通りの組み合わせによって、年・月・日を数える。

干支は甲子、乙丑、丙寅、丁卯、戊辰、己巳、庚午・・・と進み、最後の癸亥から再び甲子へもどる。

六十年でもとの干支にもどることから、六十歳を還暦という。

十干

五行
漢字
音読みこうおつへいていこうしんじん
訓読みきのえきのとひのえひのとつちのえつちのとかのえかのとみずのえみずのと
  • 訓読みは、それぞれの五行を「え(兄)」と「と(弟」に分けている。たとえば甲は「木の兄」で「きのえ」となる。
  • 日本で十干十二支を「えと」と呼ぶのはこのため。

十二支

漢字
音読みちゅういんぼうしんしんゆうじゅつがい
訓読みうしとらたつうまひつじさるとりいぬ
方角西
時刻23〜11〜33〜55〜77〜99〜1111〜1313〜1515〜1717〜1919〜2121〜23
rhizome/干支.txt · 最終更新: 2014/04/07 15:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa