ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato008

文書の過去の版を表示しています。


大和物語

第8段 監の命婦のもとに中務の宮おはしまし通ひける・・・

校訂本文

監(げむ)の命婦のもとに、中務の宮、おはしまし通ひける。

「方の塞(ふた)がりければ、今宵はえなん詣でぬ」とのたまへりければ、その御返事(おんかへりごとに、

  逢ふことのかたはさのみぞふたがらん一夜めぐりの君となれれは

とありければ、方の塞がりたりけれど、おはしましてなん、御殿ごもりける。

かくてまた、久しう音もし給はざりけるに、「『嵯峨の院に狩りす』とてなん、久しう消息(せうそこ)なんども、ものせざりける。いかにおぼつかなく思ひつらん」なんど、のたまひける、御返しに、

  大沢の池の水茎(みづぐき)絶えぬとも何かうらみむさがのつらさは

御返り、これにや劣りけむ。人、忘れにけり。

翻刻

女いとあはれとおもひけりけむの命婦のも
とになかつかさのみやおはしましかよひけ
るかたのふたかりけれはこよひはえなん
まうてぬとのたまへりけれはその御返事に
  あふことのかたはさのみそふたからん
  ひとよめくりのきみとなれれは
とありけれはかたのふたかりたりけ
れとおはしましてなん御とのこもりけ
るかくてまたひさしうをともし給は/d9r
さりけるに嵯峨の院にかりすとてなん
ひさしうせうそこなんともものせさ
りけるいかにおほつかなくおもひつらんな
んとの給ける御かへしに
  おほさはのいけのみつくきたえぬと
  もなにかうらみむさかのつらさは
御かへりこれにやおとりけむひとわす
れにけり  敦固(二品兵部卿/寛平第四)(延喜五年/母同延喜)(九月七日薨)/d9l


text/yamato/u_yamato008.1494742582.txt.gz · 最終更新: 2017/05/14 15:16 by Satoshi Nakagawa