ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-085

醒睡笑 巻4 そでない合点

43 連歌する人の小者正月の末に寄り合ひ思ふこと懺悔物語の後・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

連歌する人の小者、正月の末に寄り合ひ、思ふこと懺悔物語(さんげものがたり)の後、「朝とくより供し、夜更くるまでつむる辛労(しんらう)、いやにはあれど、さりながら今一季あざらう1)かしらぬ」。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 連歌する人の小者正月の末(すへ)に寄合(よりあひ)おもふ事
  さんげ物語の後(のち)あさとくよりともし夜更
  るまでつむる辛労(しんろう)いやにはあれとさりな
  がら今一季あざらふかしらぬ/n4-52l
1)
「あざる」は継続するという意味の連歌用語。


text/sesuisho/n_sesuisho4-085.txt · 最終更新: 2022/01/19 22:29 by Satoshi Nakagawa