ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-071

醒睡笑 巻4 そでない合点

29 法華宗の寺に使はるる小者飯米を買うて来たり・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

法華宗1)の寺に使はるる小者、飯米(はんまい)を買うて来たり。搗(つ)き白め、非時(ひじ)を調へて、坊主には参らせず、おのれ一人食ひけるが、物語するやう、「この米を持ちて来る途中にて、ある者念仏を申しかけて候ふまま、気味が悪かりつれど、是非もなく飯にしたり」と。坊主、聞きもあへず、「その米をば持ちて堀へ捨てよ。また、おのれは早く下しを飲みて、念仏の腹に無きやうにせよ」と。教へのごとく下しを飲む。

明朝問ふ、「何と下りたるや」。小者、「なかなか、はや『南無阿弥陀』までは下り、今一字下りかねてや、腹中(ふくちう)がぶつぶつといふ」と。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 法花宗の寺につかはるる小者飯米(はんまい)をかうて/n4-46l
  来りつきしろめ非時(ひじ)を調(ととのへ)て坊主(ほうす)には参ら
  せすをのれひとりくひけるか物語するやう
  此米を持(もち)て来る途中(とちゅう)にてある者念仏
  を申かけて候まま気味(きみ)がわろかりつれと是(ぜ)
  非(ひ)もなく飯にしたりと坊主聞(きき)もあへす其
  米をはもちて堀へすてよ又をのれははやく
  くたしをのみて念仏の腹(はら)になきやうに
  せよとをしへのことくくたしをのむ明朝とふ
  なにとくたりたるや小者中々はやなむあみ/n4-47r
  だまではくだり今一字くたりかねてや腹中(ふくちう)か
  ぶつぶつといふと/n4-47l
1)
日蓮宗


text/sesuisho/n_sesuisho4-071.txt · 最終更新: 2022/01/09 18:49 by Satoshi Nakagawa