ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-067

醒睡笑 巻4 そでない合点

25 主は馬上にあり中間鑓を持ち立ちながら小便をする・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

主(しう)は馬上にあり、中間(ちうげん)鑓(やり)を持ち、立ちながら小便をする。主、見付け叱りければ、その返事に、「人肥えたるがゆゑに尊(たつと)からず。手鑓(てやり)を持つて立つて尿(しと)す1)」と言ふ。

主聞き、「それやうに子細あることならば、せんかたなし。奇特(きどく)な奴じやよ」と。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 主(しう)は馬上にあり中間鑓をもちたちなから
  小便(べん)をする主見付しかりけれは其返事に
  人肥たるがゆへにたつとからす手鑓をもつ
  てたつてしとすといふ主ききそれやうに子細
  ある事ならはせんかたなしきとくなやつじや
  よと/n4-45l
1)
人肥えたる故に貴からず。智有るを以て貴しと為す。『実語教』


text/sesuisho/n_sesuisho4-067.txt · 最終更新: 2022/01/08 15:06 by Satoshi Nakagawa