ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji168

宇治拾遺物語

第168話(巻13・第8話)上出雲寺別当、父の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事・・・

上出雲寺別当父ノ鯰ニ成タルヲ知ナガラ殺テ食事

上出雲寺別当、父の鯰になりたるを知りながら殺して食ふ事

校訂本文

今は昔、王城の北、上出雲寺(かみついづもじ)といふ寺、建ててより後、年久しくなりて、御堂も傾(かたぶ)きて、はかばかしう修理する人もなし。この近う、別当侍りき。その名をば上覚1)となんいひける。これぞ、前(さき)の別当の子に侍りける。あひつぎつつ、妻子も持た法師ぞ知り侍りける。いよいよ寺はこぼれて、荒れ侍りける。

さるは、伝教大師2)の唐土(もろこし)にて、天台宗立てん所を選び給ひけるには、この寺の所をば、絵に書きてつかはしける。「高雄3)、比叡山4)、上(かむ)つ寺と、三つの中にいづれかよかるべき」とあれば、「この寺の地は、人にすぐれてめでたけれど、僧なん乱(らう)がはしかるべき」とありければ、それによりてとどめたる所なり。いとやんごとなき所なれども、いかなるにか、さなり果てて、悪(わろ)く侍るなり。

それに上覚が夢に見るやう、わが父の前の別当、いみじく老いて、杖突きて、出で来て言ふやう、「明後日、未時に大風吹きて、この寺倒れなんとす。しかるに、われ、この寺の瓦の下に、三尺ばかりの鯰(なまづ)にてなん、行く方もなく、水も少なく狭(せば)く暗き所にありて、あさましう苦しき目をなん見る。寺倒れば、こぼれて庭にはひ歩(あり)かば、童部打ち殺してんとす。その時、なんぢが前に行かんとす。童部に打たせずして、賀茂川に放ちてよ。さらば、広き目も見ん。大水に行きて、楽しくなんあるべき」と言ふ。夢覚めて、「かかる夢をこそ見つれ」と語れば、「いかなることにか」と言ひて、日暮れぬ。

その日になりて、午時の末より、にはかに空かき曇りて、木を折り、家を破る風出で来ぬ。人々、あはてて家どもつくろひ騒げども、風いよいよ吹きまさりて、村里の家どもみな吹き倒し、野山の竹木倒れ折れぬ。この寺、まことに未時ばかりに吹き倒されぬ。柱折れ棟崩れて、ずちなし。

さるほどに、裏板の中に、年ごろの雨水溜まりけるに、大きなる魚ども多かり。そのわたりの者ども、桶をさげて、みなかき入れ騒ぐほどに、三尺ばかりなる鯰、ふたふたとして庭に這ひ出でたり。夢のごとく、上覚が前に来ぬるを、上覚、思ひもあへず、魚のおほきに楽しげなるにふけりて、金杖(かなづゑ)の大きなるを持ちて、頭に突き立てて、わが太郎童を呼びて、「これ」と言ひければ、魚、大きにてうち取られねば、草刈鎌といふものを持ちて、鰓(あぎと)をかき切りて、物に包ませて、家に持て入りぬ。

さて、異魚(こといを)などしたためて、桶に入れて、女どもに抱(いだ)かせて、わが坊に帰りたれば、妻(め)の女、「この鯰は夢に見えける魚にこそあめれ。何しに殺し給へるぞ」と心憂がれど、「異(こと)童部の殺さましも同じこと。あへなん。われは」などと言ひて、「人まぜず、太郎・次郎童など、食ひたらんをぞ、故御房は『嬉し』と思さん」とて、つぶつぶと切り入れて、煮て食ひて、「怪しう、いかなるにか。異鯰(ことなまづ)よりも、味はひのよきは。故御房の肉(しし)むらなれば、よきなめり。これが汁すすれ」など、愛して食ひけるほどに、大きなる骨、喉に立てて、「ゑうゑう」と言ひけるほどに、とみに出でざりければ、苦痛してつひに死に侍りけり。

妻はゆゆしがりて、鯰をば食はずなりにけりとなん。

翻刻

今はむかし王城の北かみついつも寺といふ寺たててより後
とし久くなりて御堂もかたふきてはかはかしう修理する人もなし
このちかう別当侍きその名をは上かくとなんいひけるこれそさ
きの別当の子に侍けるあひつきつつ妻子もたる法師そ
しり侍けるいよいよ寺はこほれてあれ侍けるさるは伝教大師のもろこし
にて天台宗たてん所をえらひ給けるには此寺の所をは絵に
書てつかはしける高雄比叡山かむつ寺と三の中にいつれかよかるへきと/下74オy401
あれは此寺のちは人にすくれてめてたけれと僧なんらうかはしかるへ
きとありけれはそれによりてととめたる所也いとやんことなき所
なれともいかなるにかさなりはててわろく侍なりそれに上かくか夢にみる
やうわか父の前別当いみしく老て杖つきていてきていふやうあさて
未時に大風吹てこの寺たをれなんとす然に我此寺の瓦の
下に三尺斗の鯰にてなん行かたなく水もすくなくせはくくらき
所にありてあさましうくるしき目をなんみる寺たうれはこほれ
て庭にはいありかは童部打殺してんとすその時汝かまへ
にゆかんとす童部にうたせすして賀茂川にはなちてよさらは
ひろきめもみん大水に行てたのしくなんあるへきと云夢さ
めてかかる夢をこそみつれと語れはいかなる事にかといひて日くれ
ぬその日になりて午時のすゑよりにはかに空かきくもりて木を
おり家をやふる風いてきぬ人々あはてて家ともつくろひさはけ/下74ウy402
とも風いよいよ吹まさりて村里の家ともみな吹たをし野
山の竹木たをれおれぬこの寺まことに未時斗に吹たうされ
ぬ柱おれ棟くつれてすちなしさる程にうらいたの中にとし比
のあま水たまりけるに大なる魚ともおほかりそのわたりの物とも
桶をさけてみなかき入さはく程に三尺斗なるなまつふたふたと
して庭にはい出たり夢のことく上覚か前にきぬるを上かく
思もあへす魚の大にたのしけなるにふけりてかな杖の大なるを
持て頭につきたてて我太郎童をよひてこれといひけれは
魚大にてうちとられねは草刈鎌といふ物を持てあきとを
かき切て物につつませて家にもていりぬさてこと魚なとしたた
めて桶に入て女ともにいたたかせて我坊に帰たれは妻の女この
鯰は夢に見えける魚にこそあめれなにしに殺し給へるそと心
うかれとこと童部のころさましもおなし事あへなん我はなとと/下75オy403
いひて人ませす太郎次郎童なと食たらんをそ故御房はう
れしとおほさんとてつふつふときり入て煮て食てあやしういかなる
にかこと鯰よりもあちわひのよきは故御房のししむらなれは
よきなめりこれか汁すすれなとあひして食ける程に大なる骨
喉にたててゑうゑうといひける程にとみにいてさりけれはくつうして終に
死侍けり妻はゆゆしかりて鯰をはくはすなりにけりとなん/下75ウy404
1)
「上覚」は底本「上かく」。『今昔物語集』20-34では「浄覚」。
2)
最澄
3)
神護寺
4)
延暦寺


text/yomeiuji/uji168.txt · 最終更新: 2019/11/19 12:38 by Satoshi Nakagawa