ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji119

宇治拾遺物語

第119話(巻10・第6話)吾嬬人、生贄を止むる事

吾嬬人止生贄事

吾嬬人、生贄を止むる事

校訂本文

今は昔、山陽道美作国に中山(ちゆうざん)・高野(かうや)と申す神おはします。高野は蛇(くちなは)、中山は猿丸にてなんおはする。その神、年ごとの祭に、かならず生贄(いけにゑ)を奉る。人の女(むすめ)の、形よく、髪長く、色白く、身なりをかしげに、姿らうたげなるをぞ選び求めて、奉りける。昔より今に至るまで、その祭、怠り侍らず。

それに、ある人の女、生贄にさし当てられにけり。親ども泣き悲しむことかぎりなし。人の親子となることは、先の世の契りなりければ、あやしきをだにも、おろかにやは思ふ。まして、よろづにめでたければ、身にもまさりておろかならず思へども、さりとて逃るべからねば、歎きながら月日を過ぐすほどに、やうやう命つづまるを、「親子とあひ見んこと、今いくばくならず」と思ふにつけて、日を数へて、明け暮れただ音(ね)をのみ泣く。

かかるほどに、東(あづま)の人の、狩といふことのみ役として、猪(ゐのしし)といふものの、腹立ちしかりたるはいと恐しきものなり、それをだに何とも思ひたらず、心にまかせて殺し取り食ふことを役とする者の、いみじう身の力強く、心猛(たけ)う、むくつけき荒武者の、おのづから出で来て、そのわたりにうちめぐるほどに、この女の父母のもとに来にけり。

物語するついでに、女の父の言ふやう、「おのれが女の、ただ一人侍るをなん、かうかうの生贄にさし当てられ侍れば、思ひ暮らし歎き明かしてなん、月日を過ぐし侍る。世にはかかることも侍りけり。先の世にいかなる罪を作りて、この国に生まれて、かかる目を見侍るらん。かの女子(をんなご)も、『心にもあらず、あさましき死をし侍りなんずるかな』と申す。いとあはれに悲しう侍るなり。さるは、おのれが女とも申さじ、いみじう美しげに侍るなり」と言へば、東の人、「さて、その人は、今は死給ひなんずる人にこそはおはすなれ。人は命にまさることなし。身のためにこそ、神も恐しけれ。このたびの生贄を出ださずして、その女君を、みづからに預け賜ぶべし。死に給はんも同じことにこそおはすれ。いかでか、ただ一人持ち奉り給へらん御女を、目の前に生きながら膾(なます)に作り、切り広げさせては見給はん。ゆゆしかるべきことなり。さる目見給はんも同じことなり。ただ、その君をわれに預け給へ」と、ねんごろに言ひければ、「げに、前にゆゆしきさまにて死なんを見んよりは」とて取らせつ。

かくて、東人(あづまびと)、この女のもとに行きて見れば、形・姿をかしげなり。愛敬(あひぎやう)めでたし。もの思ひたる姿にて、寄り臥して手習ひをするに、涙の袖の上にかかりて濡れたり。かかるほどに、人の気配のすれば、髪を顔に振りかくるを見れば、髪も濡れ、顔も涙に洗はれて、思ひ入りたるさまなるに、人の来たれば、いとどつつましげに思ひたる気配して、少しそば向きたる姿、まことにらうたげなり。およそ、気高く品々しう、をかしげなること、田舎人の子と言ふべからず。

東人、これを見るに、かなしきこと、いはんかたなし。されば、「いかにも、いかにも、わが身なくは、ならばなれ。ただ、これに代りなん」と思ひて、この女の父母に言ふやう、「思ひかまふることこそ侍れ。もし、この君の御ことによりて亡びなどし給はば、苦しとや思さるべき」と問へば、「子のために、みづからはいたづらにもならばなれ、さらに苦しからず。生きても何にかはし侍らんずる。ただ、思(おぼ)されんままに、いかにもいかにもし給へ」といらふれば、「さらば、この御祭の御浄めするなり」とて、四目(しめ)引きめぐらして、「いかにもいかにも人な寄せ給ひそ。また、『これにみづから侍る』と、な人にゆめゆめ知らせ給ひそ」と言ふ。さて、日ごろこもり居て、この女房と思ひ住むこといみじ。

かかるほどに、年ごろ山に使ひ馴らはしたる犬の、いみじき中に賢きを、二つ選(え)りて、それに生きたる猿丸を捕へて、明け暮れは、やくやくと食ひ殺させて習はす。さらぬだに、猿と犬とは敵(かたき)なるに、いとかうのみ習はせば、猿を見ては踊りかかりて、食ひ殺すことかぎりなし。

さて、明け暮れは、いらなき太刀を磨き、刀を研ぎ、剣をまうけつつ、ただこの女(め)の君とことぐさにするやう、「あはれ、先の世にいかなる契をして、御命に代はりて、いたづらになり侍りなんとすらん。されど、御代りと思へば、命はさらに惜しからず。ただ、別れ聞こえなんずと思ひ給ふるが、いと心細く、あはれなる」などいへば、女も、「まことに、いかなる人の、かくおはして思ひものし給ふにか」と、言ひ続けられて、かなしうあはれなることいみじ。

さて、過ぎ行くほどに、その祭の日になりて、宮司(みやづかさ)より始め、よろづの人々、こぞり集りて、迎へにののしり来て、新しき長櫃(ながびつ)を、この女の居たる所にさし入れて言ふやう、「例のやうに、これに入れて、その生贄出だされよ」と言へば、この東人、「ただ、こののたびのことは、みづからの申さんままにし給へ」とて、この櫃にみそかに入り臥して、左右のそばに、この犬どもを取り入れて言ふやう、「おのれら、この日ごろ、いたはり飼ひつるかひありて、このたびのわが命に代はれ。おのれらよ」と言ひて、かき撫づれば、うちうめきて、脇にかひ添ひて、みな伏しぬ。

また、日ごろ研ぎ磨きつる太刀・刀、みな取り入れつ。さて、櫃の蓋を覆ひて、布して結ひて、封付けて、わが女を入れたるやうに思はせて、さし出だしたれば、桙(ほこ)・榊(さかき)・鈴・鏡をふり合はせて、先追ひののしりて、持(も)て参るさま、いといみじ。

さて、女、これを聞くに、「われに代はりて、この男の隠して居ぬるこそ、いとあはれなれと思ふに、また、無為に事出(ことい)で来(こ)ば、わが親たちいかにおはせん」と、かたがたに歎き居たり。されども、父母の言ふやうは、「身のためにこそ、神も仏も恐しけれ。死ぬる君のことなれば、今は恐しきこともなし。同じことを、かくてをなくなりなん。今は亡びんも苦しからず」と言ひ居たり。

かくて、生贄を御社に持て参り、神主、祝詞(のと)いみじく申して、神の御前の戸を開けて、この長櫃をさし入れて、戸をもとのやうにさして、それより外の方に、宮司(みやづかさ)をはじめて、次々の司ども、次第にみな並び居たり。

さるほどに、この櫃を、刀の先してみそかに穴を開けて、東人見ければ、まことにえもいはず大きなる猿の、たけ七・八尺ばかりなる、顔と尻とは赤くして、むしり綿を着たるやうに、いらなく白きが、毛は生ひ上がりたるさまにて、横座に寄り居たり。

つぎつぎの猿ども、左右に二百ばかり並み居て、さまざまに顔を赤くなし、眉を上げ、声々(こゑごゑ)に鳴き叫びののしる。いと大きなるまな板に、長やかなる包丁刀(はうちやうがたな)を具して置きたり。めぐりには、酢、酒、塩入りたる瓶どもなめりと見ゆる、あまた置きたり。

さて、しばしばかりあるほどに、この横座に居たるおけ猿、寄り来て、長櫃の結ひ緒(を)を解きて、蓋を開けんとすれば、次々の猿ども、みな寄らんとするほどに、この男、「犬ども、喰らへ。おのれ」と言へば、二つの犬踊り出でて、中に大きなる猿を食ひて、うち伏せて、ひきはりて食ひ殺さんとするほどに、この男、髪を乱りて、櫃より踊り出でて、氷のやうなる刀を抜きて、その猿をまな板の上に引き伏せて、首に刀を当てて言ふやう、「わおのれが人の命を立ち、その肉(ししむら)を食ひなどするものは、かくぞある。おのれら、承はれ。確かに、しや首切りて、犬に飼ひてん」と言へば、顔を赤くなして、目をしばたたきて、歯を真白(ましろ)に食ひ出だして、目より血の涙を流して、まことにあさましき顔つきして、手をすり、悲しめども、さらに許さずして、「おのれが、そこばくの多くの年ごろ、人の子どもを食ひ、人の種を断つ代りに、しや頭切り捨てんこと、ただ今にこそあめれ。おのれが身、さらば、われを殺せ。さらに苦しからず」と言ひながら、さすがに首をばとみに切りやらず。

さるほどに、この二つの犬どもに追はれて、多くの猿ども、みな木の上に逃げ登り、まどひ騒ぎ叫びののしるに、山も響きて地も返りぬべし。

かかるほどに、一人の神主に、神憑きて言ふやう、「今日より後、さらにさらにこの生贄をせじ。長く止(とど)めてん。人を殺すこと、懲りとも懲りぬ。命を断つこと、今より長くし侍らじ。また、われをかくしつとて、この男とかくし、また、今日の生贄に当たりつる人のゆかりを、れうじわづらはすべからず。あやまりて、その人の子孫の末々(すゑずゑ)に至るまで、われ、守りとならん。ただ、とくとく、このたびのわが命を乞ひ受けよ。いとかなし。われを助けよ」とのたまへば、宮司・神主より始めて、多くの人ども、驚きをなして、みな社の内に入り立ちて、騒ぎ慌てて、手をすりて、「ことわり、おのづからさぞ侍る。ただ御神に許し給へ。御神も、よくぞ仰せらるる」と言へるも、この東人、「さなすかされそ。人の命を断ち、殺すものなれば、きやつに、もののわびしさ知らせんと思ふなり。わが身こそあなれ、ただ殺されん、苦しからず」と言ひて、さらに許さず。

かかるほどに、「この猿の首は切り離されぬ」と見ゆれば、宮司も手まどひして、まことにすべきかたなければ、いみじき誓言(ちかごと)どもを立てて、祈り申して、「今より後はかかること、さらにさらにすべからず」など、神も言へば、「さらば、よしよし。今より後はかかる事なせそ」と言ひ含めて許しつ。さて、それより後は、すべて生贄にせずなりにけり。

さて、その男、家に帰りて、いみじう男女あひ思ひて、年ごろの妻夫(めをと)になりて過ぐしけり。男はもとよりゆゑありける人の末なりければ、口惜しからぬさまにて侍りけり。

その後は、かの国に、猪・鹿をなん生贄にし侍りけるとぞ。

翻刻

今は昔山陽道美作国に中さんかうやと申神おはします
かうやはくちなわ中さむは猿丸にてなんおはするその神年ことの
祭にかならすいけにゑをたてまつる人のむすめのかたちよくかみ
なかく色しろく身なりおかしけにすかたらうたけなるをそ
えらひもとめてたてまつりける昔より今にいたるまてその祭
おこたり侍らすそれにある人の女いけにゑにさしあてられにけり/下25オy303
おやともなきかなしむ事かきりなし人のおや子となる事は
さきの世の契なりけれはあやしきをたにもおろかにやは思ふ
ましてよろつにめてたけれは身にもまさりておろかならす思へ
ともさりとてのかるへからねはなけきなから月日を過す程にやうやう
命つつまるをおや子と逢みん事いまいくはくならすと思ふ
につけて日をかそへて明暮たたねをのみなくかかる程にあつま
の人の狩といふことのみやくとして猪のししといふ物の腹立
しかりたるはいとおそろしき物なりそれをたに何とも思たらす心に
まかせてころしとりくふ事を役とするもののいみしう身の力
つよく心たけうむくつけきあら武者のをのつからいてきてその
わたりにうちめくる程にこの女の父母のもとにきにけり物かたり
するつゐてに女の父のいふやうをのれかむすめのたた独侍をなん
かうかうのいけにゑにさしあてられ侍れは思くらしなけきあかして/下25ウy304
なん月日をすくし侍る世にはかかる事も侍けりさきの世に
いかなる罪をつくりてこの国にむまれてかかる目をみ侍るらん
かの女こも心にもあらすあさましき死をし侍りなんするか
なと申いとあはれにかなしう侍なりさるはをのれか女とも申さし
いみしううつくしけに侍なりといへはあつまの人さてその人は今は
死給ひなんする人にこそはおはすなれ人は命にまさる事なし
身のためにこそ神もおそろしけれこのたひのいけにゑを出さすして
その女君をみつからにあつけたふへし死給はんもおなしこと
にこそおはすれいかてかたたひとりもちたてまつり給へらん御女
を目のまへにいきなからなますにつくり切ひろけさせては見
給はんゆゆしかるへき事也さるめみたまはんもおなし事也たたその
君を我にあつけ給へとねん比にいひけれはけにまへにゆゆしき
さまにてしなんをみんよりはとてとらせつかくてあつま人この/下26オy305
女のもとに行てみれはかたちすかたおかしけなりあひきやうめ
てたし物思たる姿にてよりふして手習をするに涙の袖のうへ
にかかりてぬれたりかかる程に人のけはひのすれは髪をかほに
ふりかくるをみれは髪もぬれかほも涙にあらはれて思いりたるさ
まなるに人のきたれはいととつつましけに思たるけはひしてすこし
そはむきたる姿まことにらうたけなり凡けたかくしなしなしう
おかしけなる事ゐ中人の子といふへからすあつま人これをみるに
かなしき事いはんかたなしされはいかにもいかにも我身なくはならは
なれたたこれにかはりなんと思て此女の父母にいふやう思かまふる
事こそ侍れもし此君の御事によりてほろひなとし給はは
くるしとやおほさるへきと問へはこのためにみつからはいたつらにもならは
なれ更にくるしからすいきてもなににかはし侍らんするたたおほさ
れんままにいかにもいかにもし給へといらふれはさらは此御祭の御きよめ/下26ウy306
するなりとて四目引めくらしていかにもいかにも人なよせ給そまた
これにみつから侍るとな人にゆめゆめしらせ給そといふさて日比こ
もりゐて此女房とおもひすむ事いみしかかる程にとしころ山
につかひならはしたる犬のいみしきなかにかしこきをふたつえり
てそれにいきたる猿丸をとらへて明くれはやくやくと食ころさせ
てならはすさらぬたに猿と犬とはかたきなるにいとかうのみなら
はせは猿をみてはおとりかかりてくひころす事かきりなしさて明暮
はいらなき太刀をみかき刀をとき釼をまうけつつたたこのめの
君とことくさにするやうあはれ先の世にいかなる契をして御命にか
はりていたつらになり侍りなんとすらんされと御かはりと思へは命
は更におしからすたた別きこえなんすとおもひ給ふるかいと心ほ
そくあはれなるなといへは女もまことにいかなる人のかくおはし
て思ものし給にかといひつつけられてかなしうあはれなる/下27オy307
事いみしさて過行程にその祭の日になりて宮つかさ
よりはしめよろつの人々こそりあつまりて迎にののしりきて
あたらしき長櫃をこの女のゐたる所にさし入ていふやう
例のやうにこれに入てその生贄いたされよといへはこのあつま
人たた此のたひの事はみつからの申さんままにし給へとて此櫃に
みそかに入ふして左右のそはにこの犬ともをとりいれていふやう
をのれらこの日比いたはりかひつるかひありて此たひのわか
命にかはれをのれらよといひてかきなつれはうちうめきて脇に
かひそひてみなふしぬ又日比ときみかきつる太刀刀みなとり
いれつさて櫃のふたをおほひて布してゆひて封つけて
わかむすめを入たるやうに思はせてさし出したれは桙榊鈴鏡
をふりあはせてさきをひののしりてもてまいるさまいといみし
さて女是をきくに我にかはりてこの男のかくしていぬるこそいと/下27ウy308
あはれなれとおもふに又無為にこといてこはわかおやたちいかに
おはせんとかたかたになけきゐたりされとも父母のいふやうは身のため
にこそ神も仏もおそろしけれしぬる君の事なれは今はおそろしき
事もなしおなしことをかくてをなくなりなん今はほろひんも
くるしからすといひゐたりかくていけにゑを御社にもてまいり
神主のといみしく申て神の御まへの戸をあけてこの長櫃を
さし入て戸をもとのやうにさしてそれより外のかたに宮つか
さをはしめて次々の司とも次第にみなならひゐたりさる程に
この櫃を刀のさきしてみそかに穴をあけてあつま人みけれは
まことにえもいはす大きなる猿のたけ七八尺はかりなるかほとしり
とはあかくしてむしり綿をきたるやうにいらなくしろきか毛は
おひあかりたるさまにてよこ座により居たりつきつきの猿とも
左右に二百斗なみゐてさまさまにかほをあかくなし眉を/下28オy309
あけこゑこゑになきさけひののしるいと大なるまないたになかやか
なる包丁刀をくして置たりめくりにはす酒しほ入たる瓶とも
なめりとみゆるあまた置たりさてしはしはかりあるほとにこの横座
に居たるをけ猿よりきて長櫃のゆひををときてふたをあけん
とすれは次々のさるともみなよらんとする程に此男犬ともくらへをの
れといへは二の犬おとりいててなかに大なる猿をくひてうちふせて
ひきはりて食ころさんとする程に此男髪をみたりて櫃より
おとりいてて氷のやうなる刀をぬきてそのさるをまな板の上に
ひきふせてくひにかたなをあてていふやうわおのれか人の命を
たちそのししむらを食なとする物はかくそあるをのれらうけ給
はれたしかにしやくひ切て犬にかひてんといへはかほをあかくなして
目をしはたたきて歯をましろにくひ出して目より血の泪を
なかしてまことにあさましきかほつきして手をすりかなし/下28ウy310
めともさらにゆるさすしてをのれかそこはくのおほくの年比人の
子ともをくひ人のたねをたつかはりにしや頭きりてすてん事
たた今にこそあめれをのれか身さらは我をころせ更にくるし
からすといひなからさすかにくひをはとみにきりやらすさる程に
この二の犬ともにおはれておほくの猿ともみな木のうへに逃の
ほりまとひさはきさけひののしるに山もひひきて地もかへり
ぬへしかかる程に一人の神主に神つきていふやうけふより後さらにさらに
この生贄をせしなかくととめてん人をころす事こりとも
こりぬ命をたつこと今よりなかくし侍らし又我をかくしつ
とてこの男とかくし又けふの生贄にあたりつる人のゆかりをれ
うしわつらはすへからすあやまりてその人の子孫のすゑすゑに
いたるまて我まもりとならんたたとくとく此たひのわか命をこひ
うけよいとかなし我をたすけよとのたまへは宮司神主より初て/下29オy311
おほくの人ともおとろきをなしてみな社の内に入たちてさはき
あはてて手をすりてことはりおのつからさそ侍るたた御神に
ゆるし給へ御神もよくそ仰らるるといへるもこのあつま人さな
すかされそ人の命をたちころす物なれはきやつにもののわひしさ
しらせんとおもふなり我身こそあなれたたころされんくるしからす
といひて更にゆるさすかかる程に此猿のくひはきりはなされぬと見
ゆれは宮つかさも手まとひしてまことにすへきかたなけれはいみ
しきちかことともをたてて祈申て今より後はかかる事更に更に
すへからすなと神もいへはさらはよしよし今より後はかかる事なせ
そといひふくめてゆるしつさてそれよりのちはすへて人をいけ
にゑにせすなりにけりさてその男家に帰ていみしう男女あひ
思て年比の妻夫に成てすくしけり男はもとよりゆへありける人の
すゑなりけれはくちおしからぬさまにて侍りけりその後はかの/下29ウy312
国に猪鹿をなん生贄にし侍りけるとそ/下30オy313


text/yomeiuji/uji119.txt · 最終更新: 2019/03/15 02:56 by Satoshi Nakagawa