Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第44話(巻3・第12話)多田新発、郎等の事

多田新発郎等事

多田新発、郎等の事

是も今は昔、多田満仲のもとに、たけくあしき郎等有けり。物の命をころすをもて、業とす。野に出、山に入て、鹿をかり、鳥をとりて、いささかの善根する事なし。

ある時いでて狩するあひだ、馬を馳て鹿ををふ。矢をはげ、弓を引て、鹿にしたがひてはしらせてゆく道に寺ありけり。そのまへをすぐる程に、きと見やりたれば、内に地蔵たち給へり。左の手をもちて弓をとり、右の手して笠をにぎて、いささか帰依の心をいたしてはせ過にけり。

そののち、いくばくの年をへずして病つきて。日比よくくるしみわづらひて命たえぬ。冥途に行むかひて炎魔の庁にめされぬ。

みれば、おほくの罪人、罪の軽重にしたがひて、打せため、罪せらるる事、いといみじ。我一生の罪業を思つづくるに、涙おちてせんかたなし。

かかる程に、一人の僧出きたりてのたまはく「汝をたすけんとおもふ也。はやく故郷に帰て罪を懺悔すべし」との給ふ。僧にとひたてまつりていはく、「これはたれの人の、かくは仰せらるるぞ」と。僧こたへ給はく、「我は汝鹿を追て、寺の前を過しに、寺の中にありて、汝にみえし地蔵菩薩也。なんぢ罪業深重なりといへども、いささか我に帰依の心をおこしし業によりて、我、今汝を助けんとする也」との給と思て、よみがへりて後は、殺生をながくたちて、地蔵菩薩につかうまつりけり。

text/yomeiuji/uji044.txt · 最終更新: 2015/02/06 04:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa