ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji156

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji156 [2019/10/24 22:35]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji156 [2019/10/24 22:40] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 14: ライン 14:
 太刀を持ちて走り寄れば、え逃げても行かで、かひかがまりてゐたるを、太刀にて頭(かしら)を打てば、鯉の頭割るやうに割れぬ。次に、またそばざまに食はんとて、走り寄る背中を打てば、背骨をうち切りて、くたくたとなしつ。 太刀を持ちて走り寄れば、え逃げても行かで、かひかがまりてゐたるを、太刀にて頭(かしら)を打てば、鯉の頭割るやうに割れぬ。次に、またそばざまに食はんとて、走り寄る背中を打てば、背骨をうち切りて、くたくたとなしつ。
  
-さて、子をば、死にたれども、脇にかひはさみて、家に帰りたれば、その国の人々見て、怖ぢあさむことかぎりなし。唐土の人は虎に会ひては、逃ぐることだにかたきに、かく虎をばうち殺して、子を取り返して来たれば、唐土の人はいみじきことに言ひて、「なほ日本の国には、兵(つはもの)の方たは並びなき国なり」と、めでけれども、子死にければ、何にかはせむ。+さて、子をば、死にたれども、脇にかひはさみて、家に帰りたれば、その国の人々見て、怖ぢあさむことかぎりなし。唐土の人は虎に会ひては、逃ぐることだにかたきに、かく虎をばうち殺して、子を取り返して来たれば、唐土の人はいみじきことに言ひて、「なほ日本の国には、兵(つはもの)の方(か)は並びなき国なり」と、めでけれども、子死にければ、何にかはせむ。
  
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====


text/yomeiuji/uji156.txt · 最終更新: 2019/10/24 22:40 by Satoshi Nakagawa