Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第156話(巻12・第20話)遣唐使の子、虎に食るる事

遣唐使子被食虎事

遣唐使の子、虎に食るる事

今はむかし、遣唐使にてもろこしにわたりける人の、十ばかりなる子を、えみであるまじかりければ、ぐしてわたりぬ。

さて、すぐしける程に、雪のたかくふりたりける日、ありきもせでゐたりけるに、この児のあそびにいでていぬるが、をそく帰ければ、あやしと思て、いでてみれば、あしかた、うしろのかたからふみて行たるにそひて、大成犬の足かたありて、それより此児の足かたみえず。

山ざまに行たるをみれば、「これは虎のくひていきけるなめり」と思に、せんかたなくかなしくて、太刀をぬきて、足かたを尋て、山のかたに行てみれば、岩屋のくちに、此児を食殺して、腹をねぶりてふせり。

太刀を持て走よれば、えにげてもいかで、かひかがまりてゐたるを、太刀にて頭をうてば、鯉のかしらわるやうにわれぬ。つぎに、又そばざまにくはんとて、走よるせなかをうてば、せぼねをうちきりて、くたくたとなしつ。

さて、子をば死たれども、脇にかひはさみて、家に帰たれば、その国の人々みて、をぢあさむ事かぎりなし。もろこしの人は、虎にあひては、逃る事だにかたきに、かく虎をばうちころして、子をとり返してきたれば、もろこしの人は、いみじき事にいひて、「猶日本の国には、兵のかたは、ならびなき国なり」とめでけれども、子死ければなににかはせむ。

text/yomeiuji/uji156.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa