ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:shaseki:ko_shaseki10b-02

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:shaseki:ko_shaseki10b-02 [2019/05/02 21:41]
Satoshi Nakagawa 作成
text:shaseki:ko_shaseki10b-02 [2019/05/02 22:02] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 45: ライン 45:
   沙石集巻十 下   沙石集巻十 下
     臨終目出僧事     臨終目出僧事
-  中古諸宗先徳和漢みなたり面々智行 +  中古諸宗先徳和漢ミナタリ面々智行 
-  徳たけて臨終みな禅定かことく奇特なく安然として +  徳タケテ臨終ミナ禅定カコトク奇特ナク安然トシテ 
-  化すといへり其間奇異仏道解 +  化ストイヘリ其間奇異仏道解 
-  脱をかけていつれのをもせん一筋臨終 +  脱ヲカケテイツレノヲモセン一筋臨終 
-  行儀なるへきに修学道義すたれて教門すれとも +  行儀ナルヘキニ修学道義スタレテ教門スレトモ 
-  菩提するはあさく世間をいとなむひはふかしさるまま +  菩提スルハアサク世間ヲイトナムヒハフカシサルママ 
-  ​には顕密学人仏法をもてとし聖教をもて身 +  ​ニハ顕密学人仏法ヲモテトシ聖教ヲモテ身 
-  ​とす是故平生稽古しかしなから名利計事 +  ​トス是故平生稽古シカシナカラ名利計事 
-  也慧心僧都発心後名利二字をおかまれけるは名利 +  也慧心僧都発心後名利二字ヲオカマレケルハ名利 
-  心にて学問するほとに教門あきらめて道心したる故/k10-376l+  心ニテ学問スルホトニ教門アキラメテ道心シタル故/k10-376l
  
 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=375&​r=0&​xywh=-2390%2C571%2C5375%2C3195 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=375&​r=0&​xywh=-2390%2C571%2C5375%2C3195
  
-  也維摩経以引仏道といへりかつて出離 +  也維摩経以引仏道トイヘリカツテ出離 
-  心あらさる名利のためのは学問智慧もなく道心なからんは +  心アラサル名利ノタメノハ学問智慧モナク道心ナカランハ 
-  ​かなしかるへし仏教本意只菩提心とす三密教法 +  ​カナシカルヘシ仏教本意只菩提心トス三密教法 
-  ​自証あきらかにして利他徳用をほとこすへし菩薩行願 +  ​自証アキラカニシテ利他徳用ヲホトコスヘシ菩薩行願 
-  利益とすくしをはらひをまねく事上 +  利益トスクシヲハラヒヲマネク事上 
-  代より密宗をすくれたりとす先徳口伝真言教のあらんほ +  代ヨリ密宗ヲスクレタリトス先徳口伝真言教ノアランホ 
-  ​とは仏法へしといへり此国金剛一乗有縁国 +  ​トハ仏法ヘシトイヘリ此国金剛一乗有縁国 
-  ​なり地力自然相応地有へし日本独古形 +  ​ナリ地力自然相応地有ヘシ日本独古形 
-  一乗にかたとる五方立時独古西方なり是一乗弥 +  一乗ニカタトル五方立時独古西方ナリ是一乗弥 
-  陀観音につかさとる上宮太子観音垂跡として仏法 +  陀観音ニツカサトル上宮太子観音垂跡トシテ仏法 
-  弘最初老身所持経法花をとりよりへるも由有へし +  弘最初老身所持経法花ヲトリヨリヘルモ由有ヘシ 
-  天竺摩竭提国主出家して沙門となり善無畏三蔵是/k10-377r+  天竺摩竭提国主出家シテ沙門トナリ善無畏三蔵是/k10-377r
  
-  也龍智菩薩弟子として密教唐土にわたしへり儀 +  也龍智菩薩弟子トシテ密教唐土ニワタシヘリ儀 
-  ​わつかに三代さかりなりといへとも悪王仏法をほろほしける時 +  ​ワツカニ三代サカリナリトイヘトモ悪王仏法ヲホロホシケル時 
-  皆うせぬその真言書あまりに秘蔵して内裏におさめて流布せさ +  皆ウセヌソノ真言書アマリニ秘蔵シテ内裏ニオサメテ流布セサ 
-  ​にうせにき聖教におほく流布のゆへにうせはてす +  ​ニウセニキ聖教ニオホク流布ノユヘニウセハテス 
-  真言教をは伝教弘法慈覚智証等大師我国へわたし給 +  真言教ヲハ伝教弘法慈覚智証等大師我国ヘワタシ給 
-  ​へり有縁のゆへなるへし青龍寺慧果大師弘法 +  ​ヘリ有縁ノユヘナルヘシ青龍寺慧果大師弘法 
-  大師にかたりへることはにも国王法密教 +  大師ニカタリヘルコトハニモ国王法密教 
-  冒地かたきにはあらす此法にあふのかたきなりとされは +  冒地カタキニハアラス此法ニアフノカタキナリトサレハ 
-  善無畏国王として此法をわたしへるにや彼詞思あはせら +  善無畏国王トシテ此法ヲワタシヘルニヤ彼詞思アハセラ 
-  ​りこの真言天台念仏有縁国也法相三論華 +  ​リコノ真言天台念仏有縁国也法相三論華 
-  厳等南都東大寺興福寺三学して諸国流通せす律儀 +  厳等南都東大寺興福寺三学シテ諸国流通セス律儀 
-  禅門近比興行せり上古よりことにもならひせすこれ宗/k10-377l+  禅門近比興行セリ上古ヨリコトニモナラヒセスコレ宗/k10-377l
  
 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=376&​r=0&​xywh=-1970%2C360%2C5805%2C3451 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=376&​r=0&​xywh=-1970%2C360%2C5805%2C3451
  
-  ​のをろかなるにあらす機縁時いたらすいたれるにや律儀 +  ​ノヲロカナルニアラス機縁時イタラスイタレルニヤ律儀 
-  ​禅門当世流布せりこの時縁むすひ戒行坐禅 +  ​禅門当世流布セリコノ時縁ムスヒ戒行坐禅 
-  修すへし法相天台学者けれとも末代坐禅修練して +  修スヘシ法相天台学者ケレトモ末代坐禅修練シテ 
-  唯識観念円頓妙行するもまれなるにや只論談決択 +  唯識観念円頓妙行スルモマレナルニヤ只論談決択 
-  ​をこととし権実浅深一期今生 +  ​ヲコトトシ権実浅深一期今生 
-  ​のためなれは臨終には何事をかすへきとて念仏或真言 +  ​ノタメナレハ臨終ニハ何事ヲカスヘキトテ念仏或真言 
-  時にのそみてわつらふにのそみてゐをほるかしさしも +  時ニノソミテワツラフニノソミテヰヲホルカシサシモ 
-  一大事生死をいつへき平生能々思したためをつ +  一大事生死ヲイツヘキ平生能々思シタタメヲツ 
-  ​むへきに名利にのみして最期忙然たる事可悲々 +  ​ムヘキニ名利ニノミシテ最期忙然タル事可悲々 
-  々上野国山上といふ行仙房とて浄道僧都弟 +  々上野国山上トイフ行仙房トテ浄道僧都弟 
-  子真言師なりけり近比念仏行者にてたとき上人聞 +  子真言師ナリケリ近比念仏行者ニテタトキ上人聞 
-  ​ゑき去弘安元年秋比入滅前より明年臨終すへき/k10-378r+  ​ヱキ去弘安元年秋比入滅前ヨリ明年臨終スヘキ/k10-378r
  
-  月日病事共記して置弟子是をしらす没後 +  月日病事共記シテ置弟子是ヲシラス没後 
-  知之常念仏者のことく数返なんとはなくして観念として +  知之常念仏者ノコトク数返ナントハナクシテ観念トシテ 
-  万事世間之事執心なき上人なりけり説法作法のし +  万事世間之事執心ナキ上人ナリケリ説法作法ノシ 
-  ​ゐてすれはにのそみて不可思議小衣はきたかにきて木 +  ​ヰテスレハニノソミテ不可思議小衣ハキタカニキテ木 
-  切刀腰にさしなから説法しなんとす布施はひけはしもせすと +  切刀腰ニサシナカラ説法シナントス布施ハヒケハシモセスト 
-  ​りもせすたたほしきものふさまにとりひける世良田明寅 +  ​リモセスタタホシキモノフサマニトリヒケル世良田明寅 
-  長老得意にてには仏法物語なんとして禅門風情心 +  長老得意ニテニハ仏法物語ナントシテ禅門風情心 
-  ​にかけたるへたり或人念仏申妄念のおこるをいかか +  ​ニカケタルヘタリ或人念仏申妄念ノオコルヲイカカ 
-  対治すへきとける返事には +  対治スヘキトケル返事ニハ 
-    あともなきにあらそふこそ中々月のさはりけれ一 +    アトモナキニアラソフコソ中々月ノサハリケレ一 
-  返房にも有臨終体端坐禅定かことくにて紫 +  返房ニモ有臨終体端坐禅定カコトクニテ紫 
-  雲庵にかかるむらさきのきぬをうちおほへるかことし音/k10-378l+  雲庵ニカカルムラサキノキヌヲウチオホヘルカコトシ音/k10-378l
  
 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=377&​r=0&​xywh=-2040%2C406%2C5805%2C3451 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=377&​r=0&​xywh=-2040%2C406%2C5805%2C3451
  
-  楽空にきこゑ異香室見聞道俗市をなす葬送後 +  楽空ニキコヱ異香室見聞道俗市ヲナス葬送後 
-  灰紫にてかほりなつかし舎利得仏舎利如 +  灰紫ニテカホリナツカシ舎利得仏舎利如 
-  ​彼弟子まのあたりかたりきかつははいも舎利見侍世間 +  ​彼弟子マノアタリカタリキカツハハイモ舎利見侍世間 
-  ​風聞是同かりき末代には目出度こそうちある念仏 +  ​風聞是同カリキ末代ニハ目出度コソウチアル念仏 
-  門心地法門をうとくあへり智慧のあさき故 +  門心地法門ヲウトクアヘリ智慧ノアサキ故 
-  ​にや弥陀思惟経には平等をもて一弾指之間坐禅して一 +  ​ニヤ弥陀思惟経ニハ平等ヲモテ一弾指之間坐禅シテ一 
-  切衆生のために阿弥陀仏せよといへり一切行 +  切衆生ノタメニ阿弥陀仏セヨトイヘリ一切行 
-  禅れはみな禅也一心のきはまるにその分々証有故 +  禅レハミナ禅也一心ノキハマルニソノ分々証有故 
-  ​又一切念仏れはみな念仏也一念不生之心地阿 +  ​又一切念仏レハミナ念仏也一念不生之心地阿 
-  字本不生之字義是大乗修行大体真言密教之通行 +  字本不生之字義是大乗修行大体真言密教之通行 
-  也是等観門はみな弥陀法身すへては一切仏菩薩 +  也是等観門ハミナ弥陀法身スヘテハ一切仏菩薩 
-  法身する念仏也又衆生心地なりには凡聖不二/k10-379r+  法身スル念仏也又衆生心地ナリニハ凡聖不二/k10-379r
  
-  之一実境界也名号相好するは妙用 +  之一実境界也名号相好スルハ妙用 
-  有相以方便として応身応身之念仏也一念不 +  有相以方便トシテ応身応身之念仏也一念不 
-  生法身にしたしき念仏なり能念所念なき不二念 +  生法身ニシタシキ念仏ナリ能念所念ナキ不二念 
-  仏也先弥陀法身往生する有先相用 +  仏也先弥陀法身往生スル有先相用 
-  ​つきて往生して後無生法身体用不二なれ +  ​ツキテ往生シテ後無生法身体用不二ナレ 
-  ​つへからす諸仏法身自心実体霊覚不二なりはし +  ​ツヘカラス諸仏法身自心実体霊覚不二ナリハシ 
-  ​めより此理せは往生くこそされは念仏門人 +  ​メヨリ此理セハ往生クコソサレハ念仏門人 
-  ​心地修行をうとくすへからす禅門真言念仏行 +  ​心地修行ヲウトクスヘカラス禅門真言念仏行 
-  ​をかろむへからす法身体応身たかひにかろめうとくすへか +  ​ヲカロムヘカラス法身体応身タカヒニカロメウトクスヘカ 
-  ​らす其機縁意楽にしたかひて修行ろにし生死をはなれ解 +  ​ラス其機縁意楽ニシタカヒテ修行ロニシ生死ヲハナレ解 
-  脱へきなり智覚禅師坐禅行法華念仏 +  脱ヘキナリ智覚禅師坐禅行法華念仏 
-  行上品上生往生せるなりし往生伝あり或僧智/k10-379l+  行上品上生往生セルナリシ往生伝アリ或僧智/k10-379l
  
 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=378&​r=0&​xywh=-2097%2C317%2C5805%2C3451 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=378&​r=0&​xywh=-2097%2C317%2C5805%2C3451
  
-  覚禅師没後永明寺てかの禅師真影すその +  覚禅師没後永明寺テカノ禅師真影スソノ 
-  ​ゆへをかたりけるはによりてして閻魔王宮へゆく炎王僧 +  ​ユヘヲカタリケルハニヨリテシテ閻魔王宮ヘユク炎王僧 
-  影して礼拝給冥官答云かれは永明寺延 +  影シテ礼拝給冥官答云カレハ永明寺延 
-  寿禅師なり人死して必中有経炎王是をしり生所 +  寿禅師ナリ人死シテ必中有経炎王是ヲシリ生所 
-  判すしかるに中有をへす炎王にしられすして上品上生往 +  判スシカルニ中有ヲヘス炎王ニシラレスシテ上品上生往 
-  生をとけへりによりてふかくをうやまふといへりよて蘇 +  生ヲトケヘリニヨリテフカクヲウヤマフトイヘリヨテ蘇 
-  生しててかけをすとかたりき寿福寺のある老僧名忘 +  生シテテカケヲストカタリキ寿福寺ノアル老僧名忘 
-  ​年来阿字観をしけるか観心成就したりけりには +  ​年来阿字観ヲシケルカ観心成就シタリケリニハ 
-  大覚禅師にして多年坐禅しけるか或時長老対面してい +  大覚禅師ニシテ多年坐禅シケルカ或時長老対面シテイ 
-  ​とまてまかりとていてけり此僧少風気有とて延寿堂 +  ​トマテマカリトテイテケリ此僧少風気有トテ延寿堂 
-  ​ありときくにいかにいたはりのくへゆくやらんと不審思 +  ​アリトキクニイカニイタハリノクヘユクヤラント不審思 
-  ​はれけりさて倚座して定印むすひてるかくして生/k10-380r+  ​ハレケリサテ倚座シテ定印ムスヒテルカクシテ生/k10-380r
  
-  死二十年よりこのかた不審はれてとそへたてなき同 +  死二十年ヨリコノカタ不審ハレテトソヘタテナキ同 
-  法ける目出かりけるにこそ/k10-380l+  法ケル目出カリケルニコソ/k10-380l
  
 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=379&​r=0&​xywh=-338%2C488%2C5805%2C3451 https://​rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/​item/​rb00012949#?​c=0&​m=0&​s=0&​cv=379&​r=0&​xywh=-338%2C488%2C5805%2C3451
  


text/shaseki/ko_shaseki10b-02.txt · 最終更新: 2019/05/02 22:02 by Satoshi Nakagawa