ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon033

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon033 [2014/09/16 01:48]
Satoshi Nakagawa [第33話 貧女、盂蘭盆の歌の事]
text:kohon:kohon033 [2014/10/05 04:35] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-今は昔、七月十五日、いみじう貧しかりける女の、親のためのことをえせで、薄色の衣(きぬ)のを解きて、缶(ほとぎ)に入れて、蓮の葉を上に覆いて、愛宕(おたぎ)にもて行きて、拝みて去りけるを、人の寄りて見ければ、蓮の葉に書きつけける、+今は昔、七月十五日、いみじう貧しかりける女の、親のためのことをえせで、薄色の衣(きぬ)の表(おもて)を解きて、缶(ほとぎ)に入れて、蓮の葉を上に覆いて、愛宕(おたぎ)にもて行きて、拝みて去りけるを、人の寄りて見ければ、蓮の葉に書きつけける、
  
   たてまつる蓮(はちす)の上のつゆばかりこころざしをもみよの仏に   たてまつる蓮(はちす)の上のつゆばかりこころざしをもみよの仏に


text/kohon/kohon033.txt · 最終更新: 2014/10/05 04:35 by Satoshi Nakagawa