ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:jikkinsho:s_jikkinsho10-12

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:jikkinsho:s_jikkinsho10-12 [2016/03/09 23:14]
Satoshi Nakagawa 作成
text:jikkinsho:s_jikkinsho10-12 [2016/03/09 23:18] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 7: ライン 7:
 ち)よかりける女(むすめ)をなん持ちたりけるが、十七八なりければ、「これをいかにして、目安きさまにせん」と思ふかなしさに、八幡に姫君とともに泣く泣く参りて、よもすがら、御前にて、「身は今はいかにても候ひなん。この女を心安きさまにて見せ給へ」と数珠(ずず)をすりて、うち嘆ききうち嘆き申しけるに、この娘、参り着くより、母の膝を枕にして、起きも上がらず、寝たりければ、暁方になりて、母申すやう、「いかばかり思ひて、かなはぬ心に、徒歩(かち)より参りつるに、わが申すやうに、よもすがら、神も『あはれ』と思しめすばかり申し給ふべきに、思ふことなげに寝給へるうたてさよ」とくどかれて、姫君おどろきて、「かなはぬ道に苦しくて」と言ひて、 ち)よかりける女(むすめ)をなん持ちたりけるが、十七八なりければ、「これをいかにして、目安きさまにせん」と思ふかなしさに、八幡に姫君とともに泣く泣く参りて、よもすがら、御前にて、「身は今はいかにても候ひなん。この女を心安きさまにて見せ給へ」と数珠(ずず)をすりて、うち嘆ききうち嘆き申しけるに、この娘、参り着くより、母の膝を枕にして、起きも上がらず、寝たりければ、暁方になりて、母申すやう、「いかばかり思ひて、かなはぬ心に、徒歩(かち)より参りつるに、わが申すやうに、よもすがら、神も『あはれ』と思しめすばかり申し給ふべきに、思ふことなげに寝給へるうたてさよ」とくどかれて、姫君おどろきて、「かなはぬ道に苦しくて」と言ひて、
  
-  身の憂さをなか何といはしみづ思ふ心を汲みて知るらむ+  身の憂さをなかなか何といはしみづ思ふ心を汲みて知るらむ
  
 と詠みたりければ、母も恥づかしくて、ものも言はずして下向するに、七条朱雀のほとりにて、世の中にときめき給ふ殿上人、桂より遊びて帰り給ふが、この女を取りて、車に乗せて、やがて北の方にして、始終いみじかりけり。 と詠みたりければ、母も恥づかしくて、ものも言はずして下向するに、七条朱雀のほとりにて、世の中にときめき給ふ殿上人、桂より遊びて帰り給ふが、この女を取りて、車に乗せて、やがて北の方にして、始終いみじかりけり。
ライン 25: ライン 25:
       ニネ給ヘルウタテサヨトクトカレテ、姫君オトロキテ、カナ       ニネ給ヘルウタテサヨトクトカレテ、姫君オトロキテ、カナ
       ハヌミチニクルシクテト云テ、       ハヌミチニクルシクテト云テ、
-        身ノウサヲ中何トイハシミツ、思フ心ヲクミテシルラム/k48+        身ノウサヲ中何トイハシミツ、思フ心ヲクミテシルラム/k48
  
       トヨミタリケレハ、母モハツカシクテ、物モイハスシテ下向       トヨミタリケレハ、母モハツカシクテ、物モイハスシテ下向


text/jikkinsho/s_jikkinsho10-12.txt · 最終更新: 2016/03/09 23:18 by Satoshi Nakagawa