ユーザ用ツール

サイト用ツール


wmr:bikehenro1

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
wmr:bikehenro1 [2014/06/17 04:20]
Satoshi Nakagawa [2001年8月8日(水)4番~11番]
wmr:bikehenro1 [2014/06/17 04:36]
Satoshi Nakagawa
ライン 1: ライン 1:
-====== 自転車お遍路日記(2001年夏) ======+====== 自転車お遍路日記(2001年夏) ======
  
 ===== 2001年8月06日(月) ===== ===== 2001年8月06日(月) =====
ライン 85: ライン 85:
 鶴林寺は難所だが、焼山寺に比べればはるかにマシだ。それでも難所はやはり難所。数時間かけてやっと登った。そこで、○○屋に同宿のおじさんに会った。実は○○屋に泊まっていたのは私とこのおじさんの二人だけで、おじさんは宿どまりの歩き遍路である。 鶴林寺は難所だが、焼山寺に比べればはるかにマシだ。それでも難所はやはり難所。数時間かけてやっと登った。そこで、○○屋に同宿のおじさんに会った。実は○○屋に泊まっていたのは私とこのおじさんの二人だけで、おじさんは宿どまりの歩き遍路である。
  
-鶴林寺の参拝を終えると、昨日大日寺であった、自転車遍路のおじさんとすれちがった。次の太龍寺では、難所の連続が嫌になり、ロープウェイを使ってしまったのだが、その乗口で昼飯を食っていると、そのおじさんがくるので、私は食堂の窓を叩いてよんだ。後で聞くと、おじさんはこの時とてもうれしかったそうである。+鶴林寺の参拝を終えると、昨日大日寺であった、自転車遍路のおじさん((この人とはこの時以来会っていないが、今も年賀状のやりとりをしている。))とすれちがった。次の太龍寺では、難所の連続が嫌になり、ロープウェイを使ってしまったのだが、その乗口で昼飯を食っていると、そのおじさんがくるので、私は食堂の窓を叩いてよんだ。後で聞くと、おじさんはこの時とてもうれしかったそうである。
  
 どこかで聞き覚えのある方言なので、どこから来たのか聞いてみると、滋賀県の彦根だという。私のまわりは私の兄弟と母方の叔父の一家以外はすべて滋賀県出身なのだ。それも、みな彦根のすぐ近く。しばらく、このおじさんと一緒に行くことにする。 どこかで聞き覚えのある方言なので、どこから来たのか聞いてみると、滋賀県の彦根だという。私のまわりは私の兄弟と母方の叔父の一家以外はすべて滋賀県出身なのだ。それも、みな彦根のすぐ近く。しばらく、このおじさんと一緒に行くことにする。


wmr/bikehenro1.txt · 最終更新: 2014/06/17 04:36 by Satoshi Nakagawa