ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji184

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji184 [2017/10/04 18:05]
Satoshi Nakagawa [第184話(巻14・第11話)御堂関白の御犬、晴明等、奇特の事]
text:yomeiuji:uji184 [2019/12/01 17:15] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **御堂関白の御犬、晴明等、奇特の事** **御堂関白の御犬、晴明等、奇特の事**
  
-これも今はむかし、御堂関白殿、法成寺を建立し給てのちは、日ごとに御堂へまいらせ給けるに、白き犬を愛してなん飼せ給ければ、いつも御身をはなれず、御ともしけり。+===== 校訂本文 =====
  
-或日例のごとく供しけるが入らんとし給へば、此犬、御さきにふたがやう吠まはりて内へ入たてまつらじとければ「何条」と、車よりおりて入としへば、御衣のすそをくて、引とどめ申さんとしければ、かさま、やうある事ならん」とて、榻めしよせて、御尻をかけて、晴明に、「きとまいれ」とめにつかはしたりれば、晴明則まいりたり。+これも今は昔、御堂関白殿((藤原道長))法成寺建立し給ひて後は日ごとに堂へ参らせ給ひけるに、白き犬を愛して飼はせ給ひければ、いつも御身離れず、御しけり。
  
-「かかる事のあるかはいかければ、晴明しばしうらなひて申るは、「これは君を呪詛し奉候物を道にうづみ候。御越あば、あしく候べきに、犬は通力物につげて候也」申せば、「さそれはいづくにかづみた。あはせ」との給へば、「やすく候」と申て、しうらなひて、「ここに」と申所を、掘せてみ給、土五尺斗掘たりければ、案のごとく物あり。+ある例のごとく御供しける、門を入らんば、この犬御先に塞(ふた)がるやに吠えまはりて、内へ入れ奉じとしれば、「なんでふ」とて、車より下りんと給へば、御衣裾(すそ)を食ひ、引きとどめさんしければ、「いかことな」とて、榻(ぢ)を召寄せて、御尻をかけ、晴明((安倍晴明))に、「きと参れ」と召しつかはしたりければ、晴明、すなはち参り。
  
-土器を二うちあはせて黄な紙捻にて、十文字からげたり。開てば、なし。朱砂にて、一文字をかわらけの底にかたる斗也「晴明がほかる者候はず。もし道摩法師仕たるらん。糺して見はん」とて、懐より紙を取出し、鳥のすがた引むて、呪を誦しかけて、空へなげあげれば、忽に白鷺に成て、南をさして飛行けり。+「かかることのは、いかが」と尋ね給ひければ、晴明、しばし占ひ申しけは、「これは君を呪詛し奉候ふ物を埋(うづ)て候ふ。御越えあらましかば、悪しく候ふべき、犬は通力のにて、告げ申して候ふなり」と申せば「さて、それはいづくにか埋みたる。あらせ」とのまへば、「すく」と申して、しばし占ひて「ここてふ」と申所を、掘らせ見給ふに土五尺ばり掘りたりければ、案のごとく物ありけり。
  
-「此鳥のたちつん所をみてまいれ」と下部をはらするに、六条坊門、万里小路辺たる家のもろお戸へ落入にけり。則、家主、老法師にてある。搦捕まい。呪詛ゆへを問るるに、「堀川左大臣顕光公の語たり」とぞ申+土器(はらけ)二つうち合はせて、黄なる紙捻(かより)に十文字にからげたり。開き見れば、中に物もな。朱砂一文字を土器の底書きたるばかり。「晴明がほかは知りたる者候はず。もし道摩法師((芦屋道満))やつかまつらんただし見候はん」とて、懐(ふところ)よ紙を取出だし、鳥姿引き結びて誦(ずん)じかけ、空へ投げ上げれば、ちまちに白鷺になて、南をさして飛び行き
  
-「このうへは、流罪すべけれども、道摩が咎にはあらず」とて、「向後、かかるすべからず」とて、本国播磨へ追下されにけり。顕光公は、死後に怨霊とて、御堂殿辺へはたたりをなされけり。悪霊左府となづく云々。犬はいよいよ不便にせさせ給けるとなん。+「この鳥の落ち着かん所を見て参れ」とて、下部(しもべ)を走らするに、六条坊門、万里小路辺に、古りたる家の諸折戸(もろをりど)へ落ち入りにけり。すなはち、家主、老法師にてありける、からめ捕りて参りたり。呪詛のゆゑを問はるるに、「堀川左大臣顕光公((藤原顕光))の語りを得てつかまつりたり」とぞ申しける。 
 + 
 +「このうへは、流罪すべけれども、道摩が咎(とが)にはあらず」とて、「向後(きやうこう)、かかるわざすべからず」とて、本国播磨へ追下されにけり。 
 + 
 +この顕光公は、死後に怨霊となりて、御堂殿辺へはりをなされけり。悪霊左府と名付く云々。犬はいよいよ不便にせさせ給けるとなん。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  これも今はむかし御堂関白殿法成寺を建立し給てのちは 
 +  日ことに御堂へまいらせ給けるに白き犬を愛してなん飼せ給 
 +  けれはいつも御身をはなれす御ともしけり或日例のことく御供し 
 +  けるか門を入らんとし給へは此犬御さきにふたかるやうに吠まはりて 
 +  内へ入たてまつらしとしけれは何条とて車よりおりて入んとし 
 +  給へは御衣のすそをくひて引ととめ申さんとしけれはいかさま 
 +  やうある事ならんとて榻をめしよせて御尻をかけて晴明に 
 +  きとまいれとめしにつかはしたりけれは晴明則まいりたりかかる/下93オy439 
 + 
 +  事のあるはいかかと尋給けれは晴明しはしうらなひて申けるは 
 +  これは君を呪詛し奉て候物を道にうつみて候御越あらましかは 
 +  あしく候へきに犬は通力の物にてつけ申て候也と申せはさてそれは 
 +  いつくにかうつみたるあらはせとの給へはやすく候と申てしはしうらなひ 
 +  てここにて候と申所を堀せてみ給に土五尺斗堀たりけれは 
 +  案のことく物ありけり土器を二うちあはせて黄なる紙捻にて 
 +  十文字にからけたり開てみれは中に物もなし朱砂にて一文字 
 +  をかわらけの底にかきたる斗也晴明かほかは知たる者候はすもし 
 +  道摩法師や仕たるらん糺して見候はんとて懐より紙を取出し 
 +  鳥のすかたに引むすひて呪を誦しかけて空へなけあけれは 
 +  忽に白鷺に成て南をさして飛行けり此鳥のおちつかん所を 
 +  みてまいれとて下部をはしらするに六条坊門万里小路辺に 
 +  古たる家のもろおり戸へ落入にけり則家主老法師にてあり/下93ウy440 
 + 
 +  ける搦捕てまいりたり呪詛のゆへを問るるに堀川左大臣顕光公 
 +  の語をえて仕たりとそ申けるこのうへは流罪すへけれとも道摩か 
 +  咎にはあらすとて向後かかる態すへからすとて本国播磨へ追 
 +  下されにけり此顕光公は死後に怨霊と成て御堂殿辺へはたたり 
 +  をなされけり悪霊左府となつく云々犬はいよいよ不便にせさせ給けるとなん/下94ウy441
  


text/yomeiuji/uji184.txt · 最終更新: 2019/12/01 17:15 by Satoshi Nakagawa