Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第184話(巻14・第11話)御堂関白の御犬、晴明等、奇特の事

御堂関白御犬晴明等奇特事

御堂関白の御犬、晴明等、奇特の事

これも今はむかし、御堂関白殿、法成寺を建立し給てのちは、日ごとに御堂へまいらせ給けるに、白き犬を愛してなん飼せ給ければ、いつも御身をはなれず、御ともしけり。

或日、例のごとく御供しけるが、門を入らんとし給へば、此犬、御さきにふたがるやうに吠まはりて、内へ入たてまつらじとしければ「何条」とて、車よりおりて入んとし給へば、御衣のすそをくひて、引とどめ申さんとしければ、「いかさま、やうある事ならん」とて、榻をめしよせて、御尻をかけて、晴明に、「きとまいれ」とめしにつかはしたりければ、晴明則まいりたり。

「かかる事のあるかは、いかが」と尋給ければ、晴明、しばしうらなひて申けるは、「これは君を呪詛し奉て候物を、道にうづみて候。御越あらましかば、あしく候べきに、犬は通力の物にてつげ申て候也」と申せば、「さて、それはいづくにかうづみたる。あらはせ」との給へば、「やすく候」と申て、しばしうらなひて、「ここにて候」と申所を、掘せてみ給に、土五尺斗掘たりければ、案のごとく物ありけり。

土器を二うちあはせて、黄なる紙捻にて、十文字にからげたり。開てみれば、中に物もなし。朱砂にて、一文字を、かわらけの底にかきたる斗也。「晴明がほかは知たる者候はず。もし道摩法師や仕たるらん。糺して見候はん」とて、懐より紙を取出し、鳥のすがたに引むすびて、呪を誦しかけて、空へなげあげれば、忽に白鷺に成て、南をさして飛行けり。

「此鳥のたちつかん所をみてまいれ」とて下部をはしらするに、六条坊門、万里小路辺に古たる家のもろおり戸へ落入にけり。則、家主、老法師にてありける。搦捕てまいりたり。呪詛のゆへを問るるに、「堀川左大臣顕光公の語をえて仕たり」とぞ申ける。

「このうへは、流罪すべけれども、道摩が咎にはあらず」とて、「向後、かかる態すべからず」とて、本国播磨へ追下されにけり。此顕光公は、死後に怨霊と成て、御堂殿辺へはたたりをなされけり。悪霊左府となづく云々。犬はいよいよ不便にせさせ給けるとなん。

text/yomeiuji/uji184.txt · 最終更新: 2017/10/04 18:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa