ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji167

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji167 [2014/10/12 02:20]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji167 [2017/09/21 20:30] (現在)
Satoshi Nakagawa [第167話(巻13・第7話)或唐人、女の羊に生たる知らずして殺す事]
ライン 10: ライン 10:
 さて、二年斗ありてゐ中にくだりて、したしき一家の一類はらからあつめて、国へくだるべきよしをいひ侍らんとするに、市より羊を買とりて、「この人々にくはせん」とするに、その母の夢にみる様、うせにしむすめ、青き衣をきて、しろきさいでして、かしらをつつみて、髪に玉のかんざし一よそひをさしてきたり。いきたりしおりにかはらず。 さて、二年斗ありてゐ中にくだりて、したしき一家の一類はらからあつめて、国へくだるべきよしをいひ侍らんとするに、市より羊を買とりて、「この人々にくはせん」とするに、その母の夢にみる様、うせにしむすめ、青き衣をきて、しろきさいでして、かしらをつつみて、髪に玉のかんざし一よそひをさしてきたり。いきたりしおりにかはらず。
  
-母にいふやう、「わがいきて侍し時に、父母、われをかなしう給て、よろづをまかせ給へりしかば、おやに申さで、物をとりつかひ、又人にもとらせ侍き。ぬすみにはあらねど、申さでせし罪により、いま羊の身をうけたり。きたりて、そのほうをつくし侍らんとす。あすまさにくびしろき羊になりて殺されんとす。ねがわくは我命をゆるし給へ」といふとみつ。+母にいふやう、「わがいきて侍し時に、父母、われをかなしう給て、よろづをまかせ給へりしかば、おやに申さで、物をとりつかひ、又人にもとらせ侍き。ぬすみにはあらねど、申さでせし罪により、いま羊の身をうけたり。きたりて、そのほうをつくし侍らんとす。あすまさにくびしろき羊になりて殺されんとす。ねがわくは我命をゆるし給へ」といふとみつ。
  
 おどろきて、つとめて食物する所をみれば、誠に青き羊の、くび白きあり。はぎ、せなかしろくて、頭にふたつのまだらあり。つねの人のかんざしさす所なり。 おどろきて、つとめて食物する所をみれば、誠に青き羊の、くび白きあり。はぎ、せなかしろくて、頭にふたつのまだらあり。つねの人のかんざしさす所なり。
ライン 19: ライン 19:
  
 さて、羊を殺していりやき、さまざまにしたりけれど、このまら人どもは、物もくはで帰にければ、あやしがりて、人々にとへば、しかじかなりと、はじめよりかたりければ、かなしみてまどひける程に、病に成て死ににければ、ゐ中にもくだり侍らずなりにけりとぞ。 さて、羊を殺していりやき、さまざまにしたりけれど、このまら人どもは、物もくはで帰にければ、あやしがりて、人々にとへば、しかじかなりと、はじめよりかたりければ、かなしみてまどひける程に、病に成て死ににければ、ゐ中にもくだり侍らずなりにけりとぞ。
 +


text/yomeiuji/uji167.txt · 最終更新: 2017/09/21 20:30 by Satoshi Nakagawa