ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji159

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji159 [2014/10/12 02:17]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji159 [2019/10/26 01:06] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **水無瀬殿の鼯の事** **水無瀬殿の鼯の事**
  
-後鳥羽院の御時、水無瀬殿に、夜る夜る山より、から笠程なる物の光て、御堂へ飛入事侍けり。+===== 校訂本文 =====
  
-西おもて、北おもての物共めんめんに、「これを見あらはして高名せん」と心にかけて用心し侍けれども、むなしくてのみ過けるに、ある夜、景かたただひとり、中島にけるに、例のひかり物、山より池のうへを飛行けるに、きんも心もとなくて、あふのきにながら、よく引て射たりければ、手ごたへして、池へ落入物ありけり。+後鳥羽院((後鳥羽天皇))の御時、水無瀬殿に、夜々(よるよる)山より唐傘ほどなる物の光りて、御堂へ飛び入ること侍りけり。 
 + 
 +西面(にしおもて)、北面(きたおもて)者ども面々に、「これを見あらはして高名せん」と心にかけて用心し侍けれども、むなしくてのみ過けるに、ある夜、景賢(かげかた)((大神景賢か。))ただ一人、中島に待ちけるに、例のり物、山より池のを飛けるに、きんも心もとなくて、あふのきにながら、よく引て射たりければ、手ごたへして、池へ落物ありけり。 
 + 
 +その後、人々に告げて、火を灯して、面々見ければ、ゆゆしく大きなるむささびの、年古(ふ)り、毛なども禿げ、しぶとげなるにてぞ侍りける。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  後鳥羽院の御時水無瀬殿に夜る夜る山よりから笠程なる物の光て 
 +  御堂へ飛入事侍けり西おもて北おもての物共めんめんにこれを 
 +  見あらはして高名せんと心にかけて用心し侍けれともむなしくて 
 +  のみ過けるにある夜景かたたたひとり中島にねて待けるに例の 
 +  ひかり物山より池のうへを飛行けるにおきんも心もとなくてあふの 
 +  きにねなからよく引て射たりけれは手こたへして池へ落入物 
 +  ありけり其後人々につけて火をともしてめんめんみけれはゆゆしく 
 +  大なるむささひのとしふり毛なともはけしふとけなるにてそ侍ける/下65ウy384
  
-其後、人々につけて、火をともして、めんめんみければ、ゆゆしく大なるむささびの、としふり、毛などもはげ、しぶとげなるにてぞ侍ける。 


text/yomeiuji/uji159.txt · 最終更新: 2019/10/26 01:06 by Satoshi Nakagawa