ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji159

宇治拾遺物語

第159話(巻12・第23話)水無瀬殿の鼯の事

水無瀬殿鼯事

水無瀬殿の鼯の事

後鳥羽院の御時、水無瀬殿に、夜る夜る山より、から笠程なる物の光て、御堂へ飛入事侍けり。

西おもて、北おもての物共、めんめんに、「これを見あらはして、高名せん」と心にかけて用心し侍けれども、むなしくてのみ過けるに、ある夜、景かたただひとり、中島にねて侍けるに、例のひかり物、山より池のうへを飛行けるに、おきんも心もとなくて、あふのきにねながら、よく引て射たりければ、手ごたへして、池へ落入物ありけり。

其後、人々につけて、火をともして、めんめんみければ、ゆゆしく大なるむささびの、としふり、毛などもはげ、しぶとげなるにてぞ侍ける。



text/yomeiuji/uji159.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:17 by Satoshi Nakagawa