ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji148

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
text:yomeiuji:uji148 [2014/10/12 02:13]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji148 [2019/10/08 21:41] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 1: ライン 1:
 宇治拾遺物語 宇治拾遺物語
-====== 第148話(巻12・第12話)高忠の侍、哥読む事 ======+====== 第148話(巻12・第12話)高忠の侍、歌詠む事 ======
  
 **高忠侍哥読事** **高忠侍哥読事**
  
-**高忠の侍、哥読む事**+**高忠の侍、歌詠む事**
  
-今はむかし、たか忠といひける、越前守の時に、いみじく不幸なりける侍の、夜昼まめなるが、冬なれども帷をなんきたりける。+===== 校訂本文 =====
  
-のいみじく日、この「きよめす」とて、物つきたるやうにふるうをみて守、「歌よ。おかしうふ雪かな」といへば此侍、「にを題にて仕べきぞ」と申せば、「はだなるよしよめ」といふに、程もく、ふう声をささげてよみあぐ+今は昔、高忠(([[:​text:​k_konjaku:​k_konjaku19-13|『今昔物語集』19-13]]によると藤原孝忠。))といひける、越前守時に、いみじく不幸なりける侍の、夜昼まれども帷(たびら)をなん着たりけ
  
-はだかな我身にか雪はうちふどもきえせざりけり+雪のいみじく降日、この侍、「浄めす」とて、物のつきたるやう震ふをみて、守、「歌詠め。をしう降る雪かな」と言へば、この侍、「何を題にてつかまつるべきぞ」と申せば、「裸(だか)なよしを詠め」と言ふに、ほどもなく震ふ声をささげて詠み上ぐ。
  
-とよみければ、かみ、いみじくほめて、きたりけきぬをぬぎてとらす。北方もあはれりて、うす色の衣の、いみじううばしきをとらせたりければ、二ながらとりて、いわぐみて、脇にさみて、たさりぬ。侍に行たれば、ゐなみたる侍ども、みておどろきあやしがりて問けるに、かくとききて、あさましがりけり+  裸な身にかかる白雪震へども消えせざりけり
  
-さて、侍、えざりければ、あやしがりて、かみ尋させければ、北山にたうとき聖ありけりそこへ行て、此えたる衣を二ながららせてひけるやう、「年老ぬ。身の不幸、としをいてまさる。この生の、やくもなき身に候めり。後生をだにいかでとおぼえて、法師にならんと思侍れど、戒の師に奉るべきの候はねば、いますこし候つるに、かく思がけぬたれば、かぎりなくうれしく思給へて、これを布施にまいらする」とて、「法師になさせ給へ」と涙にむせかへりて、ひければ、聖、いみじうたうとがりて、法師になしてけり。+と詠みければ、守いみじくほめて、着たりける衣(きぬ)を脱ぎて取らす。北の方もあはれがりて、薄色の衣のいみじう香ばしきを取らせたりければ、二つながら取りて、かいわぐみて、脇に挟みて立ち去りぬ。侍(ぶらひ)に行きたれば、居並みたる侍ども見て、驚き怪しがりて問ひけるに、かくと聞きて、あさましがりけり。 
 + 
 +さて、この侍、そのえざりければ、しがりて、守(かみ)させければ、北山にき聖ありけりそこへ行て、この得たる衣を二ながららせてひけるやう、「年まかりぬ。身の不幸、追ひてまさる。この生のこと、やくもなき身に候めり。後生をだにいかでえて、法師にまかりならんと思侍れど、戒の師に奉るべきものの候はねば、過ごし候つるに、かく思がけぬもの賜はりたれば、かぎりなくしく思給へて、これを布施にらするなり」とて、「法師になさせ給へ」と涙にむせかへりて、ひければ、聖、いみじう貴(たうと)がりて、法師になしてけり。 
 + 
 +さて、そこより行く方もなくて失せにけり。あり所も知らずなりにけるとか。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  今はむかしたか忠といひける越前守の時にいみしく不幸なりける 
 +  侍の夜昼まめなるか冬なれとも帷をなんきたりける雪のいみしく/下57ウy368 
 + 
 +  ふる日この侍きよめすとて物のつきたるやうにふるうをみて守 
 +  歌よめおかしうふる雪かなといへは此侍なにを題にて仕へきそと 
 +  申せははたかなるよしをよめといふに程もなくふるう声をささけてよみあく 
 +    はたかなる我身にかかる白雪はうちふるへともきえせさりけり 
 +  とよみけれはかみいみしくほめてきたりけるきぬをぬきてとらす 
 +  北方もあはれかりてうす色の衣のいみしうかうはしきをとらせたり 
 +  けれは二なからとりてかいわくみて脇にはさみてたちさりぬ侍に 
 +  行たれはゐなみたる侍ともみておとろきあやしかりて問けるにかく 
 +  とききてあさましかりけりさて此侍其後みえさりけれはあやし 
 +  かりてかみ尋させけれは北山にたうとき聖ありけりそこへ 
 +  行て此えたる衣を二なからとらせていひけるやう年罷老ぬ身 
 +  の不幸としををいてまさるこの生の事やくもなき身に候 
 +  めり後生をたにいかてとおほえて法師に罷ならんと思侍れと戒の師に/下58オy369 
 + 
 +  奉るへき物の候はねはいまにすこし候つるにかく思かけぬ物を給たれ 
 +  はかきりなくうれしく思給へてこれを布施にまいらする也とて法師に 
 +  なさせ給へと泪にむせかへりてなくなくいひけれは聖いみしうたうと 
 +  かりて法師になしてけりさてそこよりゆくかたもなくてうせに 
 +  けりあり所もしらすなりにけるとか/下58ウy370
  
-さて、そこよりゆくかたもなくてうせにけり。あり所もしらずなりにけるとか。 


text/yomeiuji/uji148.1413047631.txt.gz · 最終更新: 2014/10/12 02:13 by Satoshi Nakagawa