Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第148話(巻12・第12話)高忠の侍、哥読む事

高忠侍哥読事

高忠の侍、哥読む事

今はむかし、たか忠といひける、越前守の時に、いみじく不幸なりける侍の、夜昼まめなるが、冬なれども帷をなんきたりける。

雪のいみじくふる日、この侍「きよめす」とて、物のつきたるやうにふるうをみて、守、「歌よめ。おかしうふる雪かな」といへば、此侍、「なにを題にて仕べきぞ」と申せば、「はだかなるよしをよめ」といふに、程もなく、ふるう声をささげてよみあぐ

はだかなる我身にかかる白雪はうちふるへどもきえせざりけり

とよみければ、かみ、いみじくほめて、きたりけるきぬをぬぎてとらす。北方もあはれがりて、うす色の衣の、いみじうかうばしきをとらせたりければ、二ながらとりて、かいわぐみて、脇にはさみて、たちさりぬ。侍に行たれば、ゐなみたる侍ども、みておどろきあやしがりて問けるに、かくとききて、あさましがりけり。

さて、此侍、其後みえざりければ、あやしがりて、かみ尋させければ、北山にたうとき聖ありけり、そこへ行て、此えたる衣を二ながらとらせていひけるやう、「年罷老ぬ。身の不幸、としををいてまさる。この生の事、やくもなき身に候めり。後生をだに、いかでとおぼえて、法師に罷ならんと思侍れど、戒の師に奉るべき物の候はねば、いまにすこし候つるに、かく思がけぬ物を給たれば、かぎりなくうれしく思給へて、これを布施にまいらする也」とて、「法師になさせ給へ」と涙にむせかへりて、なくなくいひければ、聖、いみじうたうとがりて、法師になしてけり。

さて、そこよりゆくかたもなくてうせにけり。あり所もしらずなりにけるとか。

text/yomeiuji/uji148.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa