ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji141

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji141 [2014/10/12 02:11]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji141 [2019/09/29 18:22] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **持経者叡実、効験の事** **持経者叡実、効験の事**
  
-昔、閑院大臣殿((割注「冬嗣」))、三位中将におはしける時、わらは病ををもくわづらひ給けるが、「神名と云所に、叡実と云持経者なん、童病はよく祈落し給」と申人ありければ、「此持経者に祈せん」とて行給に、荒見川の程にて、はやうおこたり給ぬ。+===== 校訂本文 =====
  
-寺はちかく成ければ、「此より、帰べきやうなし」とねむじて神名におはし房の簾に車よせて案内をひ入給に、「近比蒜を食侍り」と申。しかれども、「唯上を見奉ん。只今まか帰事、かなひ侍らじ」と有ければ、「ば、はや入給へ」とて、蔀下立たるを取て、らしき筵敷て、「入給へ」と申ければ、入給ぬ。+閑院大臣殿((藤原冬嗣。底本冬嗣」と注記。))三位中将におはしける時瘧(わらはやみ)重くわづらひ給ひけるが「神名とふ所に、叡実といふ持経者なん、瘧はよく祈落し給ふ」と申りければ、「この持経者に祈せん」とて行き給ふに荒見川ほどにて、はやうおこぬ。
  
-持経者、沐浴して、とばかりて、出合ぬ。高き僧の、痩さらぼひて、見に貴げなり。僧申やう、「風をもく侍に、医師の申にしたがひて、蒜を食て候。それに、かやうに御坐候へば、いかでかはとて、参て候。法花経は浄不浄をきらはぬ経にてましませば、読たてまつらん何条事か候はんとて念珠を押摺てへよりきたる程尤たのもし御頸に手を入て我膝を枕にせさせ申て寿量品をうち出してよむこゑいとたうとし。「かり貴き事もありけりとおすこしはかれて高声に誦こゑ実に哀也持経者目より大なる泪をはらはらと落して泣事限なし其時さめて御心ちいとさはやかに残なくよくなり給ぬ返々後世ま契て帰り給ぬ+寺は近くなりければ、「これより帰るべきやうなし」とて、念じて神名におはして、房の簷(のき)に車を寄せて、案内を言ひ入る給に、「近ごろ蒜(ひる)を食ひ侍り」と申す。しかれども、「ただ上人を見奉らん。ただ今まかり帰ること、かなひ侍らじ」とありければ、「さらば、はや入り給へ」とて、房の蔀(しとみ)下し立てたるを取りて、新しき筵(むしろ)敷きて、「入り給へ」と申しければ、入り給ひぬ。 
 + 
 +持経者、沐浴して、とばかりありて、出ぬ。たけ高き僧の、痩さらぼひて、見に貴げなり。僧申やう、「風く侍に、医師(くすし)の申にしたがひて、蒜を食て候ふなり。それに、かやうにおはしまし候へば、いかでかはとて、参て候ふなり法華経は浄不浄を嫌はぬ経にてましませば、読み奉らん。なんでふことか候はん」とて、念珠を押し摺りて、そばへ寄り来たるほど、もつとも頼もし。御頸に手を入れて、わが膝を枕にせさせ申すて、寿量品をうち出だして読む声、いと貴し。「さばかり貴き事もありけり」と思ゆ。少しはかれて、高声(かうしやう)に誦(よ)む声、まことにあはれなり。持経者、目より大きなる涙をはらはらと落して、泣くこと限りなし。その時さめて、御心地いとさわやかに、残りなく良くなり給ひぬ。かへすがへす後世まで契りて、帰り給ひぬ。 
 + 
 +それよりぞ、有験の名は高く、広まりけるとか。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  昔閑院大臣殿(冬嗣)三位中将におはしける時わらは病ををもく 
 +  わつらひ給けるか神名と云所に叡実と云持経者なん童病は 
 +  よく祈落し給と申人ありけれは此持経者に祈せんとて行 
 +  給に荒見川の程にてはやうおこり給ぬ寺はちかく成けれは 
 +  此より帰へきやうなしとてねむして神名におはして房の簷に 
 +  車をよせて案内をいひ入給に近比蒜を食侍りと申しかれ 
 +  とも唯上人を見奉ん只今まかり帰事かなひ侍らしと有けれはさらは/下52ウy360 
 + 
 +  はや入給へとて房の蔀下立たるを取てあたらしき筵敷 
 +  て入給へと申けれは入給ぬ持経者沐浴してとはかり有て出 
 +  合ぬ長高き僧の痩さらほひて見に貴けなり僧申やう 
 +  風をもく侍に医師の申にしたかひて蒜を食て候也それにかやうに 
 +  御坐候へはいかてかはとて参て候也法花経は浄不浄をきらはぬ経にてまし 
 +  ​ませ読たてまつらん何条事か候はんとて念珠を押摺てそ 
 +  ​よりきたる程尤たのもし御頸に手を入て我膝を枕にせさせ申て寿量 
 +  ​品をうち出してよむこゑいとたうとしさかり貴き事もあり 
 +  ​けりとおゆすこしはかれて高声に誦こゑ実に哀也持経 
 +  ​者目より大なる泪をはらはらと落して泣事限なし其時さめて 
 +  ​御心ちいとさはやかに残なくよくなり給ぬ返々後世ま契て帰 
 +  ​り給ぬそれよりそ有験の名は高く広まりけるとか/下54オy361
  
-それよりぞ、有験の名は高く広まりけるとか。 


text/yomeiuji/uji141.1413047507.txt.gz · 最終更新: 2014/10/12 02:11 by Satoshi Nakagawa