Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第141話(巻12・第5話)持経者叡実、効験の事

持経者叡実効験事

持経者叡実、効験の事

昔、閑院大臣殿1)、三位中将におはしける時、わらは病ををもくわづらひ給けるが、「神名と云所に、叡実と云持経者なん、童病はよく祈落し給」と申人ありければ、「此持経者に祈せん」とて行給に、荒見川の程にて、はやうおこたり給ぬ。

寺はちかく成ければ、「此より、帰べきやうなし」とて、ねむじて神名におはして、房の簾に車をよせて、案内をいひ入給に、「近比蒜を食侍り」と申。しかれども、「唯上人を見奉ん。只今まかり帰事、かなひ侍らじ」と有ければ、「さらば、はや入給へ」とて、房の蔀下立たるを取て、あたらしき筵敷て、「入給へ」と申ければ、入給ぬ。

持経者、沐浴して、とばかり有て、出合ぬ。長高き僧の、痩さらぼひて、見に貴げなり。僧、申やう、「風をもく侍に、医師の申にしたがひて、蒜を食て候也。それに、かやうに御坐候へば、いかでかはとて、参て候也。法花経は浄不浄をきらはぬ経にてましませば、読たてまつらん。何条事か候はん」とて念珠を押摺て、そばへよりきたる程、尤たのもし。御頸に手を入て、我膝を枕にせさせ申て、寿量品をうち出して、よむこゑいとたうとし。「さばかり貴き事もありけり」とおぼゆ。すこしはかれて、高声に誦こゑ、実に哀也。持経者、目より大なる泪をはらはらと落して、泣事限なし。其時さめて御心ちいとさはやかに、残なくよくなり給ぬ。返々後世まで契て帰り給ぬ。

それよりぞ、有験の名は高く広まりけるとか。

1)
割注「冬嗣」
text/yomeiuji/uji141.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa