ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji131

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji131 [2014/10/11 01:44]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji131 [2019/06/13 20:55] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 1: ライン 1:
 宇治拾遺物語 宇治拾遺物語
-====== 第131話(巻11・第7話)清水寺御帳給る女の事 ======+====== 第131話(巻11・第7話)清水寺御帳給る女の事 ======
  
 **清水寺御帳給ル女事** **清水寺御帳給ル女事**
  
-**清水寺御帳給る女の事**+**清水寺御帳給る女の事**
  
-今は昔、たよりなかりける女の、清水寺にあながちにまいるありけり。年月つもりけれども、露ばかりそのしるしとおぼえたる事なく、いとどたよりなく成まさりて、はてはとし比ありける所をも、その事となくあくがれて、よりつく所もなかりけるままに、なくなく観音を恨申て、「いかなる先世のむくひなりとも、ただすこしのたより給候はん」といりもみ申て、御前にうつぶしふしたりける。+===== 校訂本文 =====
  
-夜の夢に、御前よりとて、「かくあながちに申せば、いとしくおぼせど、すこしにてもあるべきたよりのなければ、そのおぼなげ。これを給れ」とて、御帳のかたびらをいとよくたたみて前にうちかるて、夢めて、御あかしの光にれば、夢のごとく御帳のかたびらたたまれてまへにあるをるに、「さは、これよりほかにぶべき物のなきにこそあんなれ」とおもふに、身のの思られて、かなしくて申やう、「これ、さらに給はらじ。『すこしのたよりも候はば、にしきをも御ちやうにはぬいまいらせん』とこそ思候に、御帳を給はりて、まかり出べきやう候はず。返しまいらせさぶらひなん」と申て、犬ふせぎの内にさし入てきぬ。+今は昔、頼りなかりける女の、清水((清水寺))にあながちに参るありけり。年月積りけれども、つゆばかり、その験(しるし)と覚えたることなく、いとど頼りなくなりまさりて、はては年ごろありける所をも、そのこととなくあくがれて、寄り付く所もなかりけるままに、泣く泣く観音を恨み申して、「いかなる先世の報ひなりとも、ただ少しの頼り給はり候はん」といりもみ申して、御前にうつぶし臥したりける夜の夢に、御前よりとて、「かくあながちに申せば、いとしくせど、しにてもあるべきりのなければ、そのことなり。これを給れ」とて、御帳(みちやう)帷(かたびら)をいとよくみて前にうちかるとて、夢めて、御灯明(あかし)の光にれば、夢のごとく御帳のまれてにあるをるに、「さは、これよりほかに、賜ぶべき物のなきにこそあんなれ」とふに、身のほどの思ひ知られて、しくて申やう、「これ、さらに給はらじ。『すこしのりも候はば、をも御には縫ひらせん』とこそ思に、この御帳ばかりを給はりて、まかり出べきやう候はず。返しらせひなん」と申て、犬防木(いぬふせぎ)の内にさし入きぬ。
  
-、まどろみ入たる夢に「など、さかしくはあるぞ。ただ、ばん物をば給はらで、かく返しまいらする。あやしき事也」とて、給はるとる。さてめたるに、おなじやうに前にあれば、く返しまいらせつ。+また、まどろみ入たる夢に「など、さかしくはあるぞ。ただ、ばん物をば給はらで、かく返しらする。あやしきことなり」とて、また給はるとる。さてめたるに、またじやうに前にあれば、く返しらせつ。
  
-にしつつ、三たび返し奉るに、また返しびて、はてのたびは、たび返したてまつらばむらいなるべきよしを、いましめられければ、「かかるともらざらん寺僧は、『御帳のかたひらぬすみたる』とやうたがはんずらん」とおもふもくるしければ、まだ夜ふかく、ふところに入て、まかりでにけり。+やうにしつつ、三度(みたび)返し奉るに、なほまた返しびて、はてのたびは、「このたび返しらば無礼(むらい)なるべきよしめられければ、「かかるともらざらん寺僧は、『御帳のみたる』とやはんずらん」とふもしければ、まだ夜く、懐(ふところ)に入て、まかりでにけり。
  
-「これをいかにとすべきならん」と思て、ひろげてて、るべき衣もなきに、「さは、これをきぬにしてん」とおもふ心きぬ。これを衣にしてのちる、男にもあれ、女にもあれ、あはれにいとしきに思れて、そぞろなる人の手より、物をおほてけり。+「これをいかにとすべきならん」と思て、げてて、るべき衣もなきに、「さは、これを衣(きぬ)にしてん」とふ心きぬ。これを衣にしてる、男にもあれ、女にもあれ、あはれにいとしきに思れて、そぞろなる人の手より、物をてけり。大事なる人の愁へをも、その衣を着て、知らぬやんごとなき所にも参りて申させければ、必ずなりけり。かやうにしつつ、人の手より物を得、良き男にも思はれて、楽しくてぞありける
  
-大事なる人のうれへをもそのきぬをきてしらぬやんとなき所にもまいりて申させければ、かならなりけりかやうにしつつ人の手より物をえよき男にも思はれてたのしくてありける+されば、その衣をば納めて、かならず先途(せんど)と思ふことの折にこそ、取り出でて着ける、必ずかなひけり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  今は昔たよりなかりける女の清水寺にあなかちにまいるありけり 
 +  年月つもりけれとも露はかりそのしるしとおほえたる事 
 +  なくいととたよりなく成まさりてはてはとし比ありける所をもそ 
 +  の事となくあくかれてよりつく所もなかりけるままになくなく 
 +  観音を恨申ていかなる先世のむくひなりともたたすこしのた 
 +  より給候はんといりもみ申て御前にうつふしふしたりける夜の 
 +  夢に御前よりとてかくあなかちに申せはいとおしくおほしめせと 
 +  すこしにてもあるへきたよりのなけれはその事をおほしめし 
 +  なけく也これを給れとて御帳のかたひらをいとよくたた 
 +  みて前にうちをかるとみて夢さめて御あかしの光にみれは 
 +  夢のことく御帳のかたひらたたまれてまへにあるをみるにさは/下43オy339 
 + 
 +  これよりほかにたふへき物のなきにこそあんなれとおもふに 
 +  身の程の思しられてかなしくて申やうこれさらに給はら 
 +  しすこしのたよりも候ははにしきをも御ちやうにはぬいて 
 +  まいらせんとこそ思候に此御帳斗を給はりてまかり出へきやう 
 +  候はす返しまいらせさふらひなんと申て犬ふせきの内にさし 
 +  入てをきぬ又まとろみ入たる夢になとさかしくはあるそたた 
 +  たはん物をは給はらてかく返しまいらするあやしき事也 
 +  とて又給はるとみるさてさめたるに又おなしやうに前にあれ 
 +  はなくなく返しまいらせつか様にしつつ三たひ返し奉るに 
 +  猶また返したひてはてのたひは此たひ返したてまつらはむら 
 +  いなるへきよしをいましめられけれはかかるともしらさらん寺 
 +  僧は御帳のかたひらをぬすみたるとやうたかはんすらんとおもふも 
 +  くるしけれはまた夜ふかくふところに入てまかりいてにけりこれをいか/下43ウy340 
 + 
 +  にとすへきならんと思てひきひろけてみてきるへき衣も 
 +  なきにさはこれをきぬにしてきんとおもふ心つきぬこれを 
 +  衣にしてきてのちみとみる男にもあれ女にもあれあはれに 
 +  いとおしき物に思われてそそろなる人の手より物をおほくえて 
 +  けり大事なる人のうれへをもそのきぬをきてしらぬやん 
 +  ​なき所にもまいりて申させけれかならなりけりかやうに 
 +  ​しつつ人の手より物をえよき男にも思はれてたのしくて 
 +  そありけるされはその衣をはおさめてかならすせんととおもふ事 
 +  のおりにこそとりいててきけるかならすかなひけり/下44オy341
  
-されば、その衣をばおさめて、かならずせんどとおもふ事のおりにこそ、とりいでてきける。かならずかなひけり。 


text/yomeiuji/uji131.txt · 最終更新: 2019/06/13 20:55 by Satoshi Nakagawa