ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji100

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji100 [2014/10/06 22:20]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji100 [2018/09/26 00:02] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **下野武正、大風雨の日、法性寺殿に参る事** **下野武正、大風雨の日、法性寺殿に参る事**
  
-これも今はむかし、下野武正といふ舎人は法性寺殿に候けり。あるおり、大風、大雨ふりて、京中の家みなこぼれやぶれけるに、殿下、近衛殿におはしましける南面のかたに、ののしる物のこゑしけり。+===== 校訂本文 =====
  
-「誰ならん」とおぼしてせ給に、武正、あかかうのかみしもに蓑笠をきて、みののうへに縄を帯にしてさのうへを又をとひになわにてからつけてかせ杖をつきて走まはりておこなふ也けり+これも今は昔、下野武正といふ舎人は、法性寺殿((藤原忠通))に候ひけり。ある折、大風、大雨降りて、京中の家みな壊(こぼ)れ破れけるに、殿下、近衛殿におはしましけるに((底本「に」虫損。諸本により補う。))、南面の方に、ののしる者の声しけり。 
 + 
 +「誰ならん」として、見せ給に、武正、赤香(あかかう)裃(かみしも)に蓑笠を着て、蓑(みの)の上に縄を帯にして、檜笠(ひがさ)の上を、またおとがひに縄にてからげ付けて、鹿杖(かせづゑ)を突きて、走り回りて行ふなりけり。おほかた、その姿、おびただしく似るべきものなし。 
 + 
 +殿、南面(みなみおもて)へ出でて、御簾より御覧ずるに、あさましく思し召して、御馬をなん賜びけり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  これも今はむかし下野武正といふ舎人は法性寺殿に候けり 
 +  あるおり大風大雨ふりて京中の家みなこほれやふれける/112ウy228 
 + 
 +  に殿下近衛殿におはしましける南面のかたにののしる物の 
 +  こゑしけり誰ならんとおほしめしてみせ給に武正あか 
 +  かうのかみしもに蓑笠をきてみののうへに縄を帯にして 
 +  ​さのうへを又をとひになわにてからつけてかせ 
 +  ​杖をつきて走まはりておこなふ也けり大かたその姿おひ 
 +  たたしくにるへき物なし殿南おもてへいてて御簾より 
 +  御覧するにあさましくおほしめして御馬をなんたひけり/113オy229
  
-大かたその姿、おびただしくにるべき物なし。殿、南おもてへいでて、御簾より御覧ずるに、あさましくおぼしめして、御馬をなんたびけり。 


text/yomeiuji/uji100.txt · 最終更新: 2018/09/26 00:02 by Satoshi Nakagawa