Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第100話(巻8・第2話)下野武正、大風雨の日、法性寺殿に参る事

下野武正大風雨日参法性寺殿事

下野武正、大風雨の日、法性寺殿に参る事

校訂本文

これも今は昔、下野武正といふ舎人は、法性寺殿1)に候ひけり。ある折、大風、大雨降りて、京中の家みな壊(こぼ)れ破れけるに、殿下、近衛殿におはしましけるに2)、南面の方に、ののしる者の声しけり。

「誰ならん」と思し召して、見せ給ふに、武正、赤香(あかかう)の裃(かみしも)に蓑笠を着て、蓑(みの)の上に縄を帯にして、檜笠(ひがさ)の上を、またおとがひに縄にてからげ付けて、鹿杖(かせづゑ)を突きて、走り回りて行ふなりけり。おほかた、その姿、おびただしく似るべきものなし。

殿、南面(みなみおもて)へ出でて、御簾より御覧ずるに、あさましく思し召して、御馬をなん賜びけり。

翻刻

これも今はむかし下野武正といふ舎人は法性寺殿に候けり
あるおり大風大雨ふりて京中の家みなこほれやふれける/112ウy228
に殿下近衛殿におはしましける南面のかたにののしる物の
こゑしけり誰ならんとおほしめしてみせ給に武正あか
かうのかみしもに蓑笠をきてみののうへに縄を帯にして
ひかさのうへを又をとかひになわにてからけつけてかせ
杖をつきて走まはりておこなふ也けり大かたその姿おひ
たたしくにるへき物なし殿南おもてへいてて御簾より
御覧するにあさましくおほしめして御馬をなんたひけり/113オy229
1)
藤原忠通
2)
底本「に」虫損。諸本により補う。
text/yomeiuji/uji100.txt · 最終更新: 2018/09/26 00:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa