Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第100話(巻8・第2話)下野武正、大風雨の日、法性寺殿に参る事

下野武正大風雨日参法性寺殿事

下野武正、大風雨の日、法性寺殿に参る事

これも今はむかし、下野武正といふ舎人は法性寺殿に候けり。あるおり、大風、大雨ふりて、京中の家みなこぼれやぶれけるに、殿下、近衛殿におはしましける南面のかたに、ののしる物のこゑしけり。

「誰ならん」とおぼしめしてみせ給に、武正、あかかうのかみしもに蓑笠をきて、みののうへに縄を帯にして、ひがさのうへを又をとがひになわにてからげつけて、かせ杖をつきて、走まはりておこなふ也けり。

大かたその姿、おびただしくにるべき物なし。殿、南おもてへいでて、御簾より御覧ずるに、あさましくおぼしめして、御馬をなんたびけり。

text/yomeiuji/uji100.txt · 最終更新: 2014/10/06 22:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa