ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yamato:u_yamato094

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:yamato:u_yamato094 [2017/08/19 15:12]
Satoshi Nakagawa 作成
text:yamato:u_yamato094 [2017/08/19 15:13] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 御忌みなど過ごしては、つひに一人過ぐし給ふまじかりければ、御おとうとの九の君を、「やがて、え給はん」となん思しけるを、「何かは、さも」と、親・はらからも思したりけるに、いがかありけん、左兵衛督の君((藤原師尹))、侍従にものし給ひけるころ、「その御文、持て来(く)」となん聞き給ひける。 御忌みなど過ごしては、つひに一人過ぐし給ふまじかりければ、御おとうとの九の君を、「やがて、え給はん」となん思しけるを、「何かは、さも」と、親・はらからも思したりけるに、いがかありけん、左兵衛督の君((藤原師尹))、侍従にものし給ひけるころ、「その御文、持て来(く)」となん聞き給ひける。
  
-さて、「心づきなし」とや思しけん、もとの宮になんわたり給ひける。その時に、御息所((醍醐天皇女御三条御息所能子。北の方の姉にあたる。))の御もとより、+さて、「心づきなし」とや思しけん、もとの宮になんわたり給ひける。 
 + 
 +その時に、御息所((醍醐天皇女御三条御息所能子。北の方の姉にあたる。))の御もとより、
  
   亡き人の巣守(すもり)にだにもなるべきを今はとかへる今日の悲しさ   亡き人の巣守(すもり)にだにもなるべきを今はとかへる今日の悲しさ


text/yamato/u_yamato094.txt · 最終更新: 2017/08/19 15:13 by Satoshi Nakagawa