Recent changes RSS feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:turezure:k_tsurezure007.txt [2018/05/20 18:45]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
text:turezure:k_tsurezure007.txt [2018/06/12 23:22] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 あだし野の露、消ゆる時なく、鳥部山の烟(けぶり)、立ち去らでのみ住み果つる習ひならば、いかにもののあはれも無からん。世は定めなきこそ、いみじけれ。 あだし野の露、消ゆる時なく、鳥部山の烟(けぶり)、立ち去らでのみ住み果つる習ひならば、いかにもののあはれも無からん。世は定めなきこそ、いみじけれ。
  
-命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろふの夕べを待ち、夏の蝉の暮秋を((正徹本「春秋を」。))知らぬもあるぞかし。つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。飽かず、惜しと思はば、千年を過ぐすとも、一夜の夢の心地こそせめ。住み果てぬ世に、みにくき姿を待ち得て、何にかはせん。+命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろふの夕べを待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。飽かず、惜しと思はば、千年を過ぐすとも、一夜の夢の心地こそせめ。住み果てぬ世に、みにくき姿を待ち得て、何にかはせん。
  
 命長ければ辱(はぢ)多し。長くとも、五十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。そのほど過ぎぬれば、形(かたち)を恥づる心もなく、人に出で交(まじ)らはんことを思ひ、夕べの陽(ひ)に子孫を愛して、栄(さか)ゆく末(すゑ)を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。 命長ければ辱(はぢ)多し。長くとも、五十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。そのほど過ぎぬれば、形(かたち)を恥づる心もなく、人に出で交(まじ)らはんことを思ひ、夕べの陽(ひ)に子孫を愛して、栄(さか)ゆく末(すゑ)を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。
ライン 17: ライン 17:
   さだめなきこそいみじけれ。命ある物   さだめなきこそいみじけれ。命ある物
   を見るに人ばかり久しきはなし。かげ   を見るに人ばかり久しきはなし。かげ
-  ろふのゆふべをまち。夏のせみの秋を+  ろふのゆふべをまち。夏のせみの秋を
   しらぬも有ぞかし。つくづくと一年   しらぬも有ぞかし。つくづくと一年
   をくらすほどだにもこよなうのど/w1-6l   をくらすほどだにもこよなうのど/w1-6l
text/turezure/k_tsurezure007.txt.txt · 最終更新: 2018/06/12 23:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa