ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-11

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-11 [2019/08/07 12:57] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 11 九月の御花は常よりもひきつくろはるべしとて・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-10|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-12|NEXT>>​]]
 +
 +「九月の御花((長講堂の供花。[[towazu2-11|2-11]]参照。))は、常よりもひきつくろはるべし」とて、かねてよりひしめけば、身もはばかりあるやうなれば、暇を申せども、「さしも目に立たねば、人数(ひとかず)に参るべき」よし仰せあれば、薄色((「薄色」は底本「かす色」。))の衣(きぬ)に赤色の唐衣(からぎぬ)、朽ち葉の単襲(ひとへがさね)に青葉の唐衣にて、夜の番勤めて候ふに、「有明の月、御参り」と言ふ音すれば、何となく胸騒ぎて、聞きゐたるに、御花御結縁とて、御堂に御参りある。
 +
 +ここにありともいかでか聞き給ふべきに、承仕(しようじ)がここもとにて、「御所よりにて候ふ。『御扇や御堂に落ちて侍ると御覧じて、参らせ給へと申せ』と候ふ」と言ふ。心得ぬやうに思えながら、中の障子を開けて見れどもなし。さて引き立てて、「候はず」と申して、承仕は返りぬる後、ちと障子を細め給ひて、「さのみ積もるいぶせさも、かやうのほどはことに驚かるるに、苦しからぬ人して、里へおとづれむ。つゆ人には漏らすまじきものなれば」など仰せらるるも、「いかなる方にか世に漏れむ」と、人の御名もいたはしければ、さのみ否(いな)ともいかがなれば、「なべて世にだに漏れ候はずは」とべかりにて、引き立てぬ。
 +
 +御帰りの後、時過ぎぬれば、御前へ参りたるに、「扇の使はいかに」とて笑はせおはしますをこそ、例の心あるよしの御使なりけると知り侍りしか。
 +
 +[[towazu3-10|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-12|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  なき御もてなしにつけてもいかてかわひしからむ九月の
 +  御花はつねよりもひきつくろはるへしとてかねてより
 +  ひしめけは身もははかりあるやうなれはいとまを申せとも
 +  さしもめにたたねは人かすにまいるへきよしおほせあれは
 +  かす色きぬにあか色のからきぬくち葉のひとへかさねに
 +  あをはのからきぬにて夜のはんつとめて候にあり明の
 +  月御まいりといふおとすれは何となくむねさはきてきき
 +  ゐたるに御花御結縁とて御たうに御まいりある
 +  ここにありともいかてかきき給ふへきにせうしかここもと/s126r k3-26
 +
 +  にて御所よりにて候御あふきや御たうにおちて侍と御らんし
 +  てまいらせ給へと申せと候といふ心えぬやうにおほえな
 +  から中のさうしをあけてみれともなしさてひきたてて
 +  候はすと申してせうしは返ぬるのちちとしやうしをほそめ
 +  たまひてさのみつもるいふせさもかやうの程はことにおと
 +  ろかるるにくるしからぬ人してさとへおとつれむ露人には
 +  もらすましき物なれはなとおほせらるるもいかなるかたに
 +  か世にもれむと人の御名もいたはしけれはさのみいなとも
 +  いかかなれはなへて世にたにもれ候はすはとはかりにてひき
 +  たてぬ御かへりののち時すきぬれは御前へまいり
 +  たるにあふきのつかひはいかにとてわらはせおはしますを/s126l k3-27
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​126
 +
 +  こそれいの心あるよしの御つかひなりけるとしり侍し
 +  か神無月の比になりぬれはなへて時雨かちなる空の/s127r k3-28
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​127
 +
 +[[towazu3-10|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-12|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-11.txt · 最終更新: 2019/08/07 12:57 by Satoshi Nakagawa