ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-32

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-32 [2018/04/01 21:31]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-32 [2018/04/01 21:35] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 鄒衍、燕恵王につかへて、忠を極むといへども、人の讒によりて、恵王に捕へられにけり。 鄒衍、燕恵王につかへて、忠を極むといへども、人の讒によりて、恵王に捕へられにけり。
  
-鄒衍、天に仰(あふ)ぎて憂ふるに、夏の月に、これがために霜を(くだ)しけり。+鄒衍、天に仰(あふ)ぎて憂ふるに、夏の月に、これがために霜を(くだ)しけり。
  
   白露(しらつゆ)のをはりのみかは夏草に結ぶ恨みもしもとなりけり   白露(しらつゆ)のをはりのみかは夏草に結ぶ恨みもしもとなりけり


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-32.txt · 最終更新: 2018/04/01 21:35 by Satoshi Nakagawa