Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第14第32話(232) 鄒衍降霜

校訂本文

鄒衍降霜

鄒衍、燕恵王につかへて、忠を極むといへども、人の讒によりて、恵王に捕へられにけり。

鄒衍、天に仰(あふ)ぎて憂ふるに、夏の月に、これがために霜を降(くだ)しけり。

  白露(しらつゆ)のをはりのみかは夏草に結ぶ恨みもしもとなりけり

翻刻

鄒衍降霜  〃〃燕恵王につかへて忠をきはむといへ/とも人の讒によりて恵王にとらえられにけり/d2-49l
鄒衍天にあふきてうれうるに夏の月にこれかために霜をくたしけり
    しらつゆのをはりのみかは夏草にむすふうらみもしもとなりけり/d2-50r
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-32.txt · 最終更新: 2018/04/01 21:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa