ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-16

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-16 [2018/03/21 16:35]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-16 [2018/03/21 22:14] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 ** 戴馮重席 ** ** 戴馮重席 **
  
-戴馮、才、世に聞こえ、義理、人に過ぎたりけり。+戴馮((典拠・後漢書ともに「戴憑」で、こちらが正しい))、才、世に聞こえ、義理、人に過ぎたりけり。
  
 おほやけ、正旦((「正旦」は底本「正直」。書陵部本により訂正。))の朝賀に、文道に賢き人を抜き出でて、召し合はせて、論談をなして、試みらるるに、負けたる人の筵取りて、勝ちたる人の筵に重ねられけり。 おほやけ、正旦((「正旦」は底本「正直」。書陵部本により訂正。))の朝賀に、文道に賢き人を抜き出でて、召し合はせて、論談をなして、試みらるるに、負けたる人の筵取りて、勝ちたる人の筵に重ねられけり。


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-16.txt · 最終更新: 2018/03/21 22:14 by Satoshi Nakagawa