ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-09

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-09 [2018/03/18 15:08]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka14-09 [2018/03/18 15:10] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 後漢の陳重は汝南人なり。獄吏として、死罪に行はるべきをも免してけり。「限りなく嬉し」と思ひて、百金を送りて報ひけり。 後漢の陳重は汝南人なり。獄吏として、死罪に行はるべきをも免してけり。「限りなく嬉し」と思ひて、百金を送りて報ひけり。
  
-陳重がいはく、「なんぢあはれと見しゆゑばかりにて免しき。報ひ報ひを得むがためにはあらず」と言ひて、返してけり。罪人(つみびと)、陳重が家の承塵の上に置きて去りぬ。陳重、このことを知らず。+陳重がいはく、「なんぢあはれと見しゆゑばかりにて免しき。報ひを得むがためにはあらず」と言ひて、返してけり。罪人(つみびと)、陳重が家の承塵の上に置きて去りぬ。陳重、このことを知らず。
  
-年を経て後に、屋(や)を毀(こぼ)ちけるときに、金を見出でてけり。主(ぬし)を尋ぬるに「主、死にけり」と聞きて、ことの妻子のもとへ送りてけり。金を壁の中に差し挟みてりぬとも言へり。+年を経て後に、屋(や)を毀(こぼ)ちけるときに、金を見出でてけり。主(ぬし)を尋ぬるに「主、死にけり」と聞きて、ことの((「この」か。))妻子のもとへ送りてけり。金を壁の中に差し挟みてりぬとも言へり。
  
   あはれてふ情けばかりを悟りても思ひ知れとは思はざりしを   あはれてふ情けばかりを悟りても思ひ知れとは思はざりしを


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka14-09.txt · 最終更新: 2018/03/18 15:10 by Satoshi Nakagawa