ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon029

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon029 [2014/09/15 21:48]
Satoshi Nakagawa [第29話 伊勢の御息所の事]
text:kohon:kohon029 [2016/01/22 13:59] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-今は昔、伊勢の御息所、七条の后宮に候ひ給ひけるころ、枇杷の大納言の忍びて通ひ給ひけるに、女、いみじう忍ぶとすれど、みな人知りぬ。さるほどに忘れ給ひぬれば、+今は昔、伊勢の御息所、七条の后宮に候ひ給ひけるころ、枇杷の大納言((藤原仲平))の忍びて通ひ給ひけるに、女、いみじう忍ぶとすれど、みな人知りぬ。 
 + 
 +さるほどに忘れ給ひぬれば、
  
   人知れずやみなましかばわびつつもなき名ぞとだに言はましものを   人知れずやみなましかばわびつつもなき名ぞとだに言はましものを
  
-と詠みて遣りたりければ、「あはれ」とやおぼしけむ、帰りて、いみじう思して住み給ひけり。+と詠みて遣りたりければ、「あはれ」とやしけむ、帰りて、いみじう思して住み給ひけり。
  
 「ほにいでて人に」と詠みたるも、この大臣(おとど)におはす。 「ほにいでて人に」と詠みたるも、この大臣(おとど)におはす。


text/kohon/kohon029.txt · 最終更新: 2016/01/22 13:59 by Satoshi Nakagawa