ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon006

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon006 [2014/09/15 21:39]
Satoshi Nakagawa [第6話 帥宮、和泉式部に通ひ給ふ事]
text:kohon:kohon006 [2016/01/20 15:29] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-今は昔、和泉式部がもとに、帥宮(そちのみや)通はせ給ひけるころ、久しく音せさせ給はざりけるに、その宮に候ふ童(わらは)の来たりけるに、御文もなし。帰り参るに、+今は昔、和泉式部がもとに、帥宮(そちのみや)((敦道親王))通はせ給ひけるころ、久しく音せさせ給はざりけるに、その宮に候ふ童(わらは)の来たりけるに、御文もなし。帰り参るに、
  
   待たましもかばかりこそはあらましか思ひもかけぬ今日の夕暮れ   待たましもかばかりこそはあらましか思ひもかけぬ今日の夕暮れ
ライン 26: ライン 26:
   我ゆゑに月を眺むと告げつればまことかと見に出でて来にけり   我ゆゑに月を眺むと告げつればまことかと見に出でて来にけり
  
-「何事につけても、をかしうおはしますに、あはあはしき物に思はれ参らせたる、心憂くおぼゆ」と日記に書きたり。+「何事につけても、をかしうおはしますに、あはあはしき物に思はれ参らせたる、心憂くゆ」と日記に書きたり。
  
 始めつ方は、かやうに心ざしもなき様に見えたれど、後には上を去りたてまつらせ給ひて、ひたぶるにこの式部を妻(め)にせさせ給ひたりと見えたり。 始めつ方は、かやうに心ざしもなき様に見えたれど、後には上を去りたてまつらせ給ひて、ひたぶるにこの式部を妻(め)にせさせ給ひたりと見えたり。
  
-保昌に具して、丹後へ下りたるに、「明日狩りせむ」とて、者ども集ひたる夜さり、鹿のいたく鳴きゐたれば、「いで、あはれや。明日死なむずれば、いたく鳴くにこそ」と、心憂がりければ、「さおぼさば、狩とどめむ。よからむ歌を詠み給へ」と言はれて+保昌((藤原保昌))に具して、丹後へ下りたるに、「明日狩りせむ」とて、者ども集ひたる夜さり、鹿のいたく鳴きゐたれば、「いで、あはれや。明日死なむずれば、いたく鳴くにこそ」と、心憂がりければ、「さおぼさば、狩とどめむ。よからむ歌を詠み給へ」と言はれて
  
   ことはりやいかでか鹿の鳴かざらん今宵ばかりの命と思へば   ことはりやいかでか鹿の鳴かざらん今宵ばかりの命と思へば
  
-さて、その日の狩はとどめてけり。+さて、その日の狩はとどめてけり。
  
 保昌に忘られて侍りけるころ、貴船に参りて御手洗(みたらし)河に蛍の飛びけるを見て 保昌に忘られて侍りけるころ、貴船に参りて御手洗(みたらし)河に蛍の飛びけるを見て


text/kohon/kohon006.txt · 最終更新: 2016/01/20 15:29 by Satoshi Nakagawa