ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku5-6

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:k_konjaku:k_konjaku5-6 [2018/03/17 02:56]
Satoshi Nakagawa [巻5第6話 般沙羅王五百卵初知父母語 第六]
text:k_konjaku:k_konjaku5-6 [2018/03/17 02:59] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻5第6話 般沙羅王五百卵初知父母語 第六]
ライン 4: ライン 4:
 今昔、天竺の□□国に大王有り。般沙羅王と云ふ。其の后、五百の卵を産めり。大王、此れを見て、奇異の思を成す。后も自ら恥て、小き箱に入れて、使を以て恒伽河((ガンジス川))に流しつ。 今昔、天竺の□□国に大王有り。般沙羅王と云ふ。其の后、五百の卵を産めり。大王、此れを見て、奇異の思を成す。后も自ら恥て、小き箱に入れて、使を以て恒伽河((ガンジス川))に流しつ。
  
-其の時、隣国の王、獦(かり)に出でて、遊び行き給ふ間に、此の卵の箱の、河に流れ行くを見付て取上て、開て見るに、五百の卵を入れたり。王、此れを見て、棄てずして、宮に持還て置たるに、日来を経る。此の五百の卵より、各一の男子出たり。+其の時、隣国の王、獦(かり)に出でて、遊び行き給ふ間に、此の卵の箱の、河に流れ行くを見付て取上て、開て見るに、五百の卵を入れたり。王、此れを見て、棄てずして、宮に持還て置たるに、日来を経る。此の五百の卵より、各一の男子出たり。
  
 王、此れを見て喜ぶ。此の王、子無くして、此れを苦(ねんごろ)に養育し、傅(かし)づく程に、五百の皇子、漸く勢長して、皆心武くして、兵に道に足れり。然れば、国の内に此の五百の皇子に並ぶ者無し。 王、此れを見て喜ぶ。此の王、子無くして、此れを苦(ねんごろ)に養育し、傅(かし)づく程に、五百の皇子、漸く勢長して、皆心武くして、兵に道に足れり。然れば、国の内に此の五百の皇子に並ぶ者無し。


text/k_konjaku/k_konjaku5-6.txt · 最終更新: 2018/03/17 02:59 by Satoshi Nakagawa