ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku4-28

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:k_konjaku:k_konjaku4-28 [2016/08/18 15:42]
Satoshi Nakagawa 作成
text:k_konjaku:k_konjaku4-28 [2016/08/18 15:53] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻4第28話 天竺白檀観音現身語 第廿八]
ライン 2: ライン 2:
 ====== 巻4第28話 天竺白檀観音現身語 第廿八 ====== ====== 巻4第28話 天竺白檀観音現身語 第廿八 ======
  
-今昔、仏涅槃に入給て後、□□国に一の伽藍有り。其の名をば、□□寺と云ふ。其の寺の最中なる堂に、白檀の観自在菩薩((観世音菩薩に同じ。))の像在ます。+今昔、仏((釈迦))、涅槃に入給て後、□□国に一の伽藍有り。其の名をば、□□寺と云ふ。其の寺の最中なる堂に、白檀の観自在菩薩((観世音菩薩に同じ。))の像在ます。
  
 霊験殊勝にして、常に人詣づる事、数十人絶えず。或は七日、或は二七日、穀を断ち、漿(こんづ)を断て、心に願ふ事を祈請するに、誠の心を至せば、観自在菩薩自ら、微妙の荘厳を具足し、光を放て、木像の中より出でて、其の人に見え給ふ。其の人を哀むで、願ふ所の事を満て給ふ。 霊験殊勝にして、常に人詣づる事、数十人絶えず。或は七日、或は二七日、穀を断ち、漿(こんづ)を断て、心に願ふ事を祈請するに、誠の心を至せば、観自在菩薩自ら、微妙の荘厳を具足し、光を放て、木像の中より出でて、其の人に見え給ふ。其の人を哀むで、願ふ所の事を満て給ふ。


text/k_konjaku/k_konjaku4-28.txt · 最終更新: 2016/08/18 15:53 by Satoshi Nakagawa