ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:hosshinju:h_hosshinju6-07

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:hosshinju:h_hosshinju6-07 [2017/06/25 19:43]
Satoshi Nakagawa 削除
text:hosshinju:h_hosshinju6-07 [2017/06/25 19:45] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 発心集 発心集
-====== 第六第6話(68侍従大納言幼少時、験者改請を止むる事 ======+====== 第六第7話(69永秀法師数寄の事 ======
  
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-侍従大納言成通卿((藤原成通))、のかみ九歳にて、わらは給ひけり。+八幡別当((石清水八幡宮別当))頼清が遠流(ゑんる)にて永秀法師といふもありけ 
 +り。家、貧しくて、心、すけりける。夜昼、笛を吹より外のことなし。しがましさ耐へぬ隣家(となりいへ)((底本「トナリ家ニ」。衍字とみ「ニ」を削除))、やうやう立ち去りて、後には人もなくなりにけれど、さらにいたまず。さこそ貧しけれど、落ちぶれたるふるまひなどはせざければ、さすがに、人いやしむべきことなし
  
-年ごろ祈けるにがし僧都とかやいふ人を呼びてせけかひな発(お)りければ、父の民部卿((藤原宗通))、ことに歎き給て、傍にそひ居てつかひ給ふ間に、母君と言ひ合つ、「さて、がはせむこのたびは、こと僧をこそ呼ばめいづれか良かるべき」などのたまひけるを、この児(ちご)、臥ながら聞きて、民部卿に聞こえ給ふ。+頼清、聞きあはれみて、使やて、「どかは、何ごものたまはせぬ。かやうに侍ればぬ人だに、ことにふさのみこそ申し承ることにて侍れ。うと思すべからず。便りあらんとは、憚らずのたまはせよ」と言はせたりければ、「返す返すかしまり侍り。年ごろも、『申さばや』ながら、身のやしさに、かつ恐れ、かは憚りて、り過ぎ侍るなり深く望み申すべきこと侍りすみやに参りて申し侍るべし」と言ふ。
  
-「な、このたびは僧都を呼び給へがしと思ふなり。そゆゑは、乳母(めのと)などの申すを聞けばまだ腹の内なりけ時より、この人を祈りの師と頼みて、生て、今九つになるまで、ゆゑくて侍る、ひの人の徳な。それに、この病ひによりて、口惜し思はんことのいと不便に侍るなり。もし、こと僧呼び給ひたらば、たとひ落ちたりともなほ本意(ほい)にあらず。いはや、必ず落こともかたし。さりとも、これにて死ぬどのことは、よも侍らじ。我を思さば、幾たびもなほこの人を呼び給へ。つひには、さりともやみなん」と苦しげなるをためらひつつ、聞こえ給に、民部卿も母上も、涙を流しつつ、あはれに思ひよせたり+何事にか、よしき情をかけてうるさきとや言ひかけられん」と思へど、「か身のほどには、いかばかりかあらん」と思ひあづりて過ごすほかた夕暮れに出で来たれり。すはち出合ひて「何ごに」ど言ふ。「浅からぬ所望侍るてまかり過ぎ侍りしほどに、仰せを悦びて、さうな参りて侍る」と言ふ。「疑ひく、所知など望むべきなめ」と思ひて、こ尋ぬれば、「筑紫に御領多く侍れば漢竹(んちく)の笛のこと、よろく侍らん。一つ召して給はらん。これ、身取り極まれ望みにて侍れ、あやし身に得がたき物にて年ごろえまうけ侍ら」とふ。
  
-「幼なき思ひばかりは劣りてげり」て、またのたり日、僧都を呼びて、ありのままにこの次第を語り給ふ「隠し奉るべこと侍らぬ御こと、おろかに思にはあねども、かれが悩み煩ひる気色を見るに、心もほれて、思れむことも知らずじかのこをうちうちに申すを知りてこの幼なき者のく申し侍るな涙を押しのごひつつ、語り給ふに、僧都、おろかに思されむや、その日、ことに信をいたしき泣く泣祈り給ひければ、かに落ち給ひにけり。+思ひの外、いとあはれに思えて、「いといと安きことにこすみやかに尋ねて、奉るべし。その外、御用ならんこと侍らずや。月日送り給ふらんことも、心にくらずこそ侍るにやうのことも、などは承らざらん」言へば「御志はかしこまり侍り。され、それはこと欠け侍らず二・三月に、か帷(かたびら)一つまうれば、十月まで、さらに望む所なし。また、朝夕のことは、おのづらあるまかせつつ、とてもかくても過ぎ侍」と言ふ
  
-君は幼なり、か心を持ち給ひて君につうまつり、人にまじはるに付けてことにふつつ情深く優な名をとめ給へるなりすべていみじき数寄人に心をそめずいもせの間愛執浅き人なりければ後世も罪浅くこそ見え+「げに、数寄者(すきも)にこそ」とあはれにありがた思えて、笛、急ぎ尋ねつつ送けり。またさこそ言へど、月ごとの用意など、まめやことどもあはれみ沙汰しければ、それがある八幡((石清水八幡宮))の楽呼び集めて、これけて、日暮らし楽をす。失すばまたただ一人笛吹きて明かし暮らしける。 
 + 
 +功積並びなき上手になりけり。 
 + 
 +かやうならん心は何につてかは、深き罪も侍らん
  
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====
  
-    ​侍従大納言幼少時止験者改請事 +    ​永秀法師数奇事 
-  ​侍従大納言成通卿ソノミ九歳ニテ。ワラハヤミシ給 +  ​八幡別当頼清遠流ニテ永秀法師ト云モノ有ケ 
-  ​リ。年来イノリケルナニガ僧都トカヤ云人ヲ呼テ +  リ。家貧テ心スケリケル。夜昼笛ヲ吹ヨリ外ノ事 
-  ​祈ラセケレドカヰナリケレバ。父ノ民部卿コトニ +  ​シカシカマシサニタエヌトナリ家ニウヤウ立サリ後/n19l 
-  ​給ヒテ傍ソヒ居見アツカヒ給フ間ニ母君n18r+ 
 +  ​ニハ人モナクナリニケレド。更ニイタマズサコソ貧ケ 
 +  レドヲチブレタル振廻ナドハザリケレバ。サスガニ人イ 
 +  ヤシムベキ事ナシ。頼清聞アハレミテ使ヤリテナドカ 
 +  ハ何事モノ給ハセヌ。カヤウニ侍レバサラヌ人ダニ事ニ 
 +  フレテサノミコソ申承事ニテ侍レ。ウトオボスベカラ 
 +  ス便アラン事ハ憚ラスノ給ハセヨトイハセタリケレバ。 
 +  返々カシマリ侍リ。年来モ申バヤ思惟ナガラ身 
 +  ノアヤシサ且ハヲソレ且ハ憚リテ罷スギ侍ナリ。深ク 
 +  ​望申ベ事侍。スミヤカ申侍ベシト云。何事ニ 
 +  ​ヨシナキ情ヲカケテ。ウルサキ事ヤイカケラレンn20r
  
-  トイヒ合セツツサトテイガハセム此度ハコ +  ト思ヘド彼身ノホドニハ何バカノ事有ン思ア 
-  ​ヲコソ呼メイヅカヨカルベキナドノ給ケルヲ此チゴ +  ​ナツリテ過ス程ニアルカタ夕暮ニ出来リ則出合テ 
-  ​ナカラ民部卿ニキコヘ給フ。猶コノ度ハ僧都ヲ +  ​何事ニド云フ。アサカラヌ所望侍ヲ思給マカリ 
-  ​ヨヒ給ヘガト思フナリ。其故ハ。メノトナドノ申ス +  ​過侍リ程ニ一日仰ヲ悦ビテ左右ク参テ侍ト 
-  ​バマタ腹ノ内ナリケル時ヨリ此人ヲ祈師トタ +  云疑ナク所知ナド望ベキナメリト思テ是尋レハ 
-  テ今九ツ成マデ事ユヘナクテ侍ルハ。ヒヘニ +  ​筑紫ニ御領オホク侍ハカンチク事ヨロシク侍ン 
-  ​彼人徳ナリ。ソレ今日此病ヨリ口惜思ハン事 +  ​一ツメシ給ラン。コレ身ニ取キハマレル望ニテ侍ト 
-  ノイト不便侍ナリ若コ僧ヲ喚給ヒタラバ。タヒ +  ​アヤシハ得ガタキ物ニテ年来ヱマウケ侍ス 
-  落タリトモ猶本意非ズ。況ヤ必ズヲチン事モカタ +  ​トイフ。思外ニイト覚ヘテ安事 
-  ​シ。サリトモ是ニテ死ヌホドノ事ハヨモ侍ラジ。我ヲn18l+  ​ソ速ベシ。其外御用ナラン事ハ侍ラズヤn20l
  
-  ​オホサバ幾度モ猶此人ヨビヘ。終リトモ +  ​月日送リラン事モ心クカラズコソ侍ニ。サヤ 
-  ナント苦ケナルヲタメラヒツツ聞給フニ民部卿モ +  ​ノ事モドカハ承ハラザラント御志ハカシコマリ 
-  ​母ウヘモ涙ヲナガシツツ哀レニ思ヨセタリ。ナキ +  ​リ。サレド其ハ事カケ侍ズ。二三月ニカク帷一ツ設 
-  ​カリニオトリテゲリトテ。又ノアタリ日僧都ヲ +  ​ツレ。十月マデ更ニノゾム所ナシ。又朝夕事ハ 
-  ​喚テリノマニ此次第ヲタリ給フ。カクシ奉ル +  ​ヅカラルニマカセツツトテモカクテモ過侍トイフ。 
-  ​侍ラヌ御事ヲ。オロカニ思ラネドモカ +  ​実スモノコソト哀ニアリガタク覚ヘテ笛イソ 
-  ​レガナヤミ煩ヒ侍ルシキヲ見ニ心モホレテオボサ +  ​ギ尋ツツ送リリ。又コソイヘド月ゴトノ用意 
-  ​レム事モシラズシカノ事ヲウチウチニ申スヲ知テ +  ​ナド。マメヤカナル哀ミ沙汰ケレバ 
-  ​此オサナキ者ノク申侍ルナ。涙ヲ押ゴヒツツ +  カハ八幡楽人ヨビアメテ。コレニ酒マウケテ 
-  ​語リ給フニ僧都オロカニオホサムヤ其日コトニ信n19r+  ​日クラシ楽ヲスバ又只一人笛フキテ明シ暮n21r
  
-  ​ヲイタ泣々祈リ給ヒケレバキハヤカ落給ヒニ +  シケルニハ笛ノ功ツモリテ並ビナキ上手成ケ 
-  ケリ此君オサナクヨカカル心ヲモチ給ニ +  リ。カヤウラン心ハ何ツケカハ深侍ラン。n21l
-  ​仕マツ人ニマジハルニ付テモ事ニフレツツ情フク優 +
-  ​ル名ヲトメ給ヘルナリ。惣テイミジキスキ人ニテ +
-  世ノ濁ニ心ヲソメズ。イモセノ間ニ愛執アサ人ナリ +
-  ケレバ後世罪アサクコソ見ヘケレn19l+
  


text/hosshinju/h_hosshinju6-07.txt · 最終更新: 2017/06/25 19:45 by Satoshi Nakagawa