ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:hosshinju:h_hosshinju4-06

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:hosshinju:h_hosshinju4-06 [2017/05/20 22:12]
Satoshi Nakagawa [翻刻]
text:hosshinju:h_hosshinju4-06 [2017/05/20 22:14] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 4: ライン 4:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-昔、玄賓僧都、いみじう貴き人なれば、高きも賤しきも、仏のごとく思へりける中に、大納言なる人なん、年ごろことにあひ頼み給ひたりける。+昔、玄賓僧都(([[h_hosshinju1-01]]の玄敏に同じ。))、いみじう貴き人なれば、高きも賤しきも、仏のごとく思へりける中に、大納言なる人なん、年ごろことにあひ頼み給ひたりける。
  
 かかる間に、僧都、そこはかとなく悩みて、日ごろになりぬ。大納言、おぼつかなさのあまりに、みづから渡り給ひて、「さても、いかなる御心地にか」なんど、細やかにとぶらひ給ふを、「近く寄り給へ。申し侍らん」とあれば、あやしくて、さし寄り給へるに、忍びて聞こゆ。「まことには、ことなる病にも侍らず。一日、殿の御もとへ詣でたりしに、北の方の形、いとめでたくて見え給へりしを、ほのかに見奉りて後、もの思えず心まどひ胸ふたがりて、いかにもものの言はれ侍らぬなり。このこと、申すにつけてはばかりあれど、深く頼み奉りて久しくなりぬ。いかでかは隔て奉らんと思てなん」と聞こゆ。 かかる間に、僧都、そこはかとなく悩みて、日ごろになりぬ。大納言、おぼつかなさのあまりに、みづから渡り給ひて、「さても、いかなる御心地にか」なんど、細やかにとぶらひ給ふを、「近く寄り給へ。申し侍らん」とあれば、あやしくて、さし寄り給へるに、忍びて聞こゆ。「まことには、ことなる病にも侍らず。一日、殿の御もとへ詣でたりしに、北の方の形、いとめでたくて見え給へりしを、ほのかに見奉りて後、もの思えず心まどひ胸ふたがりて、いかにもものの言はれ侍らぬなり。このこと、申すにつけてはばかりあれど、深く頼み奉りて久しくなりぬ。いかでかは隔て奉らんと思てなん」と聞こゆ。


text/hosshinju/h_hosshinju4-06.txt · 最終更新: 2017/05/20 22:14 by Satoshi Nakagawa