ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju046

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:chomonju:s_chomonju046 [2020/01/13 18:28] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +[[index.html|古今著聞集]] 釈教第二
 +====== 46 浄蔵法師はやんごとなき行者なり・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +浄蔵法師はやんごとなき行者なり。葛木山に行ひけるころ、金剛山の谷に、大きなる死人の屍(かばね)ありけり。頭・手・足続きて臥したり。苔青く生ひて、石を枕にせり。手に独鈷(とつこ)を握りたり。金色錆びずしてきらめきたり。
 +
 +浄蔵、大きに怪しみて、その谷に留まりて、「これ何人の屍といふことを知らん」と、本尊に祈請しけるに、第五日の夜、夢に人告げていはく、「これは汝が昔の骨なり。すみやかに加持して、かの独鈷((「独鈷」は底本「独銀」。諸本により訂正。))を得べきなり((「得べきなり」は底本「得人きなり」。諸本により訂正。))」と言ふ。覚めて、屍に向ひて声を上げて加持するに、屍はたらき動きて、起き上がりて、掌(たなごころ)を開きて、独鈷を浄蔵に与へてけり。
 +
 +その後、薪を積みて、葬(はふ)りて、上に石の率都婆を立てたり。件(くだん)の率都婆、今にかの谷にありとなん。ここに浄蔵は多生の行人なりといふことを知りぬ。
 +
 +また比叡山((延暦寺))横川に三年こもりて、六道の衆生のために、毎日法華経六部を読み、三時の行法を修し、六千反(べん)の礼拝をいたして廻向しけり。その時、護法、形を現はして、花を取り水を汲みて、給仕し給ひけり。
 +
 +同じ住山のころのことにや、七月十五日安居(あんご)の終る夜、験比べを行ひけるに、朗善和尚の弟子に修入といふやんごとなき験者につがひにけり。そのころは石に護法をば付けけり。第六のつがひにて、まづ浄蔵出でてゐる。次に修入出でてゐる。
 +
 +浄蔵がいはく、「生年七歳より父母の懐(ふところ)を出でて、山林を家として、雲霧を敷物とす。日々に身をくだき、夜々に心をつひやす。ねんごろに肝胆をくだいて、またく身命を惜しまず。これあへて名利のためにせず。無上菩提のためなり。もし、われを知らば、縛(ばく)の石渡すべし」と言ふ。その時、縛の石、飛び出でて落ち上がること鞠のごとし。
 +
 +ここに修入いはく、「縛の石、はなはだもの騒がし。はやく落ち居給へ」と。言葉にしたがひて、すなはち静まりぬ。大威徳呪をみてて、しばらく加持するに、あへてはたらかず。
 +
 +浄蔵またいはく、「衆命によりて、かたじけなくも禅師につがひ奉り、禅下行業年深くして、観念よはひかたぶけり。その威徳を見るに、すでに在世の摩訶迦葉に同じ。あへて験を尊者に争ひ奉るにあらず。ただ三宝の証明をあらはさんがためなり」と言ひて、常在霊鷲山の句を上ぐ。その声、雲を響かして、聞く人心肝をくだく。
 +
 +その時、縛の石、また動き踊りて、つひに中より割れて、両人の前に落ちゐぬ。二人とも((「とも」は底本「とり」。諸本により訂正。))に座を立ちて、互ひに拝みて入りにけり。みな人、涙を流さずといふことなし。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  浄蔵法師はやんことなき行者也葛木山に行なひけ
 +  る比金剛山の谷に大なる死人のかはね有けり頭手足
 +  つつきてふしたり苔青く生て石を枕にせり手に独鈷
 +  をにきりたり金色さひすしてきらめきたり浄
 +  蔵大にあやしみて其谷に留てこれ何人のかはねといふ事
 +  をしらんと本尊に祈請しけるに第五日の夜夢に人告
 +  ていはくこれは汝か昔の骨也速に加持して彼独銀を
 +  得人きなりといふさめてかはねに向て声をあけて加持す
 +  るにかはねはたらきうこきておきあかりて掌を開て/s42r
 +
 +  独鈷を浄蔵にあたへてけり其後薪を積てはふり
 +  てうへに石の率都婆をたてたり件そとはいまに彼
 +  谷にありとなんここに浄蔵は多生の行人なりと云事
 +  をしりぬ又比叡山横河に三年こもりて六道衆生の
 +  ために毎日法華経六部をよみ三時の行法を修し
 +  六千反の礼拝をいたして廻向しけり其時護法かた
 +  ちをあらはして花をとり水を汲て給仕し給けり同
 +  住山の比の事にや七月十五日安居のおはる夜験くらへ
 +  を行けるに朗善和尚の弟子に修入といふやんことな
 +  き験者につかひにけり其比は石に護法をはつけけり
 +  第六のつかひにて先浄蔵出てゐる次修入出てゐる浄蔵/s42l
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​42
 +
 +  か云生年七歳より父母のふところを出て山林を家として雲
 +  霧をしき物とす日々に身をくたき夜々に心をついやす
 +  ねんころに肝膽をくたひてまたく身命をおしますこ
 +  れあへて名利のためにせす無上菩提のためなり
 +  もし我をしらははくの石わたすへしといふ其時はくの
 +  石飛出ておちあかる事鞠のことしここに修入いはく
 +  はくの石はなはた物さはかしはやく落居給へと詞に
 +  随て則しつまりぬ大威徳呪をみてて暫加持するに
 +  あへてはたらかす浄蔵又云衆命によりて忝禅師に
 +  つかひたてまつり禅下行業年ふかくして観念よは
 +  ひかたふけり其威徳をみるにすてに在世の摩訶迦葉に/s43r
 +
 +  おなしあへて験を尊者にあらそひたてまつるにあら
 +  すたた三宝の証明をあらはさんかためなりといひて
 +  常在霊鷲山の句をあくそのこゑ雲をひひかして
 +  きく人心肝をくたく其時はくの石又動おとりてつゐ
 +  に中よりわれて両人のまへにおち居ぬ二人とりに座
 +  を立て互にをかみて入にけりみな人涙をなかさすと
 +  いふ事なし/s43l
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100190287/​viewer/​43
  


text/chomonju/s_chomonju046.txt · 最終更新: 2020/01/13 18:28 by Satoshi Nakagawa