Recent changes RSS feed

徒然草

第103段 大覚寺殿にて近習の人どもなぞなぞを作りて解かれけるところへ・・・

校訂本文

大覚寺殿1)にて、近習の人ども、なぞなぞを作りて解かれけるところへ、医師忠守(くすしただもり)2)参りたりけるに、侍従大納言公明卿(きんあきらのきやう)3)、「わが朝の者とも見えぬ忠守かな」と、なぞなぞにせられにけるを、「唐瓶子(からへいじ)」と解きて、笑ひ合はれければ、腹立ちてまかり出でにけり。

翻刻

大覚寺殿にて。近習の人ども。なぞなぞを作
りてとかれける処へ。くすし忠守参り/w1-74r
たりけるに。侍従大納言公明卿。我朝の者
ともみえぬ忠守哉と。なぞなぞにせら
れにけるを。唐瓶子とときて。わらひあ
はれければ。はらたちて退出にけり/w1-74l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0074.jpg

1)
後宇多法皇の御所
2)
丹波忠守
3)
三条公明
text/turezure/k_tsurezure103.txt.txt · 最終更新: 2018/08/06 17:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa