ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju450

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:chomonju:s_chomonju450 [2020/07/18 13:06]
Satoshi Nakagawa [翻刻]
text:chomonju:s_chomonju450 [2020/07/18 15:55] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 4: ライン 4:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-康和四年二月九日、御賀の試楽((白河上皇五十の賀の予行。))ありけり。左右内大臣((源俊房・藤原忠実・源雅実))以下参り給ひけり。参入音声(まゐりおんじやう)に賀王恩を奏す。まづ万歳楽、右大臣((藤原忠実))御前にして箏を弾じ給ふ。次に地久、次に春鶯囀。この間に管絃・物具(もののぐ)を楽屋へ下されけり。左大弁((源基綱))琵琶を弾ず。宰相中将((藤原宗輔))笛を吹く。右大弁((藤原宗忠))笙を吹きけり。+康和四年二月九日、御賀の試楽((白河上皇五十の賀の予行。))ありけり。左右内大臣((源俊房・藤原忠実・源雅実))以下参り給ひけり。参入音声(まゐりおんじやう)に賀王恩を奏す。まづ万歳楽、右大臣((藤原忠実))御前にして箏を弾じ給ふ。次に地久、次に春鶯囀。この間に管絃・物具(もののぐ)を楽屋へ下されけり。左大弁((源基綱))琵琶を弾ず。宰相中将((藤原宗輔))笛を吹く。右大弁((藤原宗忠))笙を吹きけり。
  
 次に古鳥蘇・次に胡飲酒。中院右府((源雅定))、童にておはしけるが、つかうまつり給ひけり。内大臣((源雅実))、一家の人々を率(そつ)して、楽屋へ向ひ給ひて、扶持(ふち)し給ひけり。内府帰着し給ひて後ぞ、舞ひをば奏し侍りける。年わづかに九歳の時なりけるに、一曲もあやまちなかりければ、万人感歎することかぎりなかりける。去年、資忠父子((多資忠と子の多節方。))ともに害せられて(([[s_chomonju269|269]]参照。))後、この曲絶えけるを、父大臣(おとど)治暦三年に九歳にて舞ひ給ひけるを、今日世に伝へられぬる、めでたかりけることなり。 次に古鳥蘇・次に胡飲酒。中院右府((源雅定))、童にておはしけるが、つかうまつり給ひけり。内大臣((源雅実))、一家の人々を率(そつ)して、楽屋へ向ひ給ひて、扶持(ふち)し給ひけり。内府帰着し給ひて後ぞ、舞ひをば奏し侍りける。年わづかに九歳の時なりけるに、一曲もあやまちなかりければ、万人感歎することかぎりなかりける。去年、資忠父子((多資忠と子の多節方。))ともに害せられて(([[s_chomonju269|269]]参照。))後、この曲絶えけるを、父大臣(おとど)治暦三年に九歳にて舞ひ給ひけるを、今日世に伝へられぬる、めでたかりけることなり。


text/chomonju/s_chomonju450.txt · 最終更新: 2020/07/18 15:55 by Satoshi Nakagawa