ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:蒙求

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

rhizome:蒙求 [2014/03/16 04:39] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== 蒙求 ======
 +
 +もうぎゅう
 +
 +===== 成立 =====
 +
 +[[唐]]代の李澣の作という。題名は『[[周易]]』蒙卦の「有童蒙求我之義」に由来し、啓蒙の書
 +とする目的で書かれた。
 +
 +===== 内容 =====
 +
 +一句おきに[[韻]]を踏む、二句八字の[[対句]]による詩になっており、一句で一人の人物の事跡を述べている。計596句。
 +
 +  * http://​www.sap.hokkyodai.ac.jp/​~nakajima/​waka/​data/​mougyuu.html
 +    * 【『蒙求』徐注本標題】中島和歌子氏による。 ​
 +
 +古くから、一句一句の事跡を具体的に書く注釈が行われたが、[[宋]]の[[徐子光]]は古注を大幅に増補改訂し、
 +読み物としての『蒙求』を成立させた。前者を古注といい、後者を徐注という。
 +
 +徐注成立以後、一般に『蒙求』といったときは、徐注本を指す。
 +
 +===== 日本での蒙求の受容 =====
 +
 +「勧学院の雀は蒙求を囀る」のことわざどおり、わが国では古くから漢籍への入門書
 +として『蒙求』が使われた。
 +
 +記録としては『[[三代実録]]』陽成天皇元慶二年(878)の条に、貞保親王の読書始に披香
 +舎で橘広相が侍講となって『蒙求』が読まれたという記録がある。
 +
 +多くの文学作品に影響を与えたが、『[[唐物語]]』や『[[蒙求和歌]]』などには直接の影響を与えている。
 +
 +[[江戸時代]]以降、徐注本が普及し、多くの注釈書が作られた。
  


rhizome/蒙求.txt · 最終更新: 2014/03/16 04:39 (外部編集)