ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:四部分類

以前のリビジョンの文書です


四部分類

しぶぶんるい

漢籍の分類法の一つで、現在もっともポピュラーなもの。

漢籍を経部・史部・子部・集部の四つに分類するため「四部分類」という。また、四庫全書の分類法であることから「四庫分類」ともいう。

経部(儒教経典)
十三経・楽・小学など。
史部(歴史)
正史・雑史・詔令・奏議・伝記・地理・職官・政書・目録・史評など。
子部(思想家)
諸子百家・天文算法・芸術・譜録・類書・小説家・釈家・道家など。
集部(全集)
楚辞・別集・総集・詩文評・詞曲など。

中国では古くから書籍の分類学がすすんでおり、三国の時代にはすでに四部に分ける方法があったが、現在の四部に分ける方法は『隋書』経籍志により定まった。

現在では、上記の四部に叢書部を加えるのが一般的である。ただし、その場合でも五部分類とはいわない。



rhizome/四部分類.1395073990.txt.gz · 最終更新: 2014/03/18 01:33 by Satoshi Nakagawa