ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:切

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
rhizome:切 [2014/04/09 01:51]
Satoshi Nakagawa
rhizome:切 [2014/04/15 14:23] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 4: ライン 4:
 ※「せつ」と読む場合は[[反切]]の項を見よ。 ※「せつ」と読む場合は[[反切]]の項を見よ。
  
-[[写本]]の断のこと。特に[[古筆]]の断を古筆切という。+[[写本]]の断のこと。特に[[古筆]]の断を古筆切という。
  
-書道の手本や、茶室に架ける軸にするために、本来完本だったのものを適当な大きさに +書道の手本や、茶室に架ける軸にするために、本来完本だったのものを適当な大きさに切断したもの。本文的、美術史的価値の高いものが多い。
-切断したもの。本文的、美術史的価値の高いものが多い。+
  
 また、古筆切を集めて一冊の冊子にしたてたものを手鑑という。 また、古筆切を集めて一冊の冊子にしたてたものを手鑑という。
  
-{{tag>​用語 書誌学}}+{{tag>​用語 書誌学 ​書道}}


rhizome/切.txt · 最終更新: 2014/04/15 14:23 by Satoshi Nakagawa