ユーザ用ツール

サイト用ツール


rhizome:今物語

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
rhizome:今物語 [2014/03/31 18:34]
Satoshi Nakagawa [電子テキスト]
rhizome:今物語 [2014/12/26 04:48]
Satoshi Nakagawa [電子テキスト]
ライン 7: ライン 7:
 一巻。[[歌物語]]の形態をとる、53話の[[説話]]からなる[[鎌倉時代]]中期の[[説話集]]。 一巻。[[歌物語]]の形態をとる、53話の[[説話]]からなる[[鎌倉時代]]中期の[[説話集]]。
  
-作者は『[[本朝書籍目録]]』の仮名部に「今物語 信実朝臣抄」とあり、『[[代集]]』の「物語」の項に「信実朝臣今物語」とあることから、[[藤原信実]]の作と考えられる。+作者は『[[本朝書籍目録]]』の仮名部に「今物語 信実朝臣抄」とあり、『[[代集]]』の「物語」の項に「信実朝臣今物語」とあることから、[[藤原信実]]の作と考えられる。[[:​text:​ima:​s_ima031|第31話]]に「延応元年正月十九日」とあり、これが年代のはっきりした最新の説話であることから、延応元年(1239年)以降の成立である。
  
-[[群書類従]]の見本版として、最初に刊行されたことでも知られる。+内容は、和歌や連歌を題材として、貴族社会の優美さを描く説話が多い。 
 + 
 +また、[[群書類従]]の見本版として、最初に刊行されたことでも知られる。
  
 ===== 電子テキスト ===== ===== 電子テキスト =====
  
-[[http://​yatanavi.org/​textserch/​index.php/​search/​tag/​%E4%BB%8A%E7%89%A9%E8%AA%9E|今物語]]+  * [[text:​ima:​]] 
 +  * [[http://​yatanavi.org/​textserch/​index.php/​search/​tag/​%E4%BB%8A%E7%89%A9%E8%AA%9E|今物語]]
  
 <​html><​iframe src="​http://​rcm-fe.amazon-adsystem.com/​e/​cm?​lt1=_blank&​bc1=000000&​IS2=1&​bg1=FFFFFF&​fc1=000000&​lc1=0000FF&​t=yatanavi-22&​o=9&​p=8&​l=as4&​m=amazon&​f=ifr&​ref=ss_til&​asins=406159348X"​ style="​width:​120px;​height:​240px;"​ scrolling="​no"​ marginwidth="​0"​ marginheight="​0"​ frameborder="​0"></​iframe></​html>​ <​html><​iframe src="​http://​rcm-fe.amazon-adsystem.com/​e/​cm?​lt1=_blank&​bc1=000000&​IS2=1&​bg1=FFFFFF&​fc1=000000&​lc1=0000FF&​t=yatanavi-22&​o=9&​p=8&​l=as4&​m=amazon&​f=ifr&​ref=ss_til&​asins=406159348X"​ style="​width:​120px;​height:​240px;"​ scrolling="​no"​ marginwidth="​0"​ marginheight="​0"​ frameborder="​0"></​iframe></​html>​


rhizome/今物語.txt · 最終更新: 2014/12/26 04:48 by Satoshi Nakagawa